昨年度副将として、チームを支え続けたDF・野路(社4)。 中田世代の一角を担い続けた背番号2が、自身の四年間について口を開いた――。


下級生の頃から試合に出場し続けている。チームの要であると同時にDF陣の要でもある

今までで一番、チームに支えられた一年だった。3年生までは、自分がDF陣やチームを支える気概でやってきた。が、ラストイヤーでは「安心感が変わった」という。チーム構成でいえば、プレーヤーの4年生が3人のみと圧倒的に後輩たち中心。その中で、「後輩たちがのびのびとプレーしている分、自分が自由にプレー出来ていたかなって。後輩たちがどんどんうまくなっている分、逆に支えられたんですよね」。どこまでも、中田世代を愛していたのが伝わってくる。


野路にとって、ホッケーは「生活」

公式戦ラストの日、記者の「野路さんにとって、ホッケーとは」という質問に「“生活”です」とニッコリ。理由は「この四年間、本当にホッケーが生活に溶け込んでいて。でもその時間のおかげで、今、とても楽しめているんですよ」。ホッケーにささげたこの四年間に悔いはない。
※()内は旧学年 (4月1日・桒原由佳)