新体制企画第三弾は、今シーズンの男子主将を務める福田真大(商4・慶應湘南藤沢)。昨シーズンの男子部は、惜しくも王座準優勝に終わったが、春の早慶戦とリーグ戦では、4-5と絶対的王者である早大を追い込んだ。今回は、福田主将に新チームのことなどについて語ってもらった。王座優勝は、彼の双肩に掛かっていると言ってもよい。

【取材日 2月27日 (木)】

――昨シーズンを振り返って

去年は土台となっていた4年生が強かったです。4年生が抜けたので、今年はそこを強化しなければいけないと思います。土台が強かったので、ダブルスからシングルスにいい流れを持って行けたと思います。それがチームの強みだったと思います。部全体としてテニスを楽しむという風潮がありました。本当にとことんテニスに向き合っていた思います。

――王座決勝後に泣いていましたが

優勝したかったという思いが強かったです。自分自身優勝したかったという思いと優勝をさせてあげたかったという思いが強かったです。一昨年だと悔しいという思いもありましたけど、自分の中で達成感というのもありました。大学1年と比べて成績が伸びてチームに貢献できたというのが大きかったです。去年は、それ以上に4年生のために勝ちたかったというのがありました。例えば、去年の中村進之介(平成31年度卒)主将は、小さい頃からずっと一緒にテニスをしていました。県、高校でも一緒にプレーしていました。それこそ、ほとんど選手と小さい頃からテニスをしていました。そういう思いもあって、4年生と優勝したかったですし、気持ちが出てしまったと思います。

「今年は、全日本選手権を基準に戦っていかないといけないと思う」

――去年早大と対戦して、どういうところで差を感じましたか

去年は早大と対戦して、春とリーグ戦は4-5で、王座は3-6という結果でした。結局、4本、3本を取っていたのが全日本選手権に出るような選手でした。ダブルスは、ほとんどが全日本選手権に出場する選手で、シングルスは、全日本選手権に2人、3人しか出場していませんでした。結局、彼らも早大のレベル高い選手と対戦しますし、早大の下位番手の選手も全日本選手権に出場していますが、慶大の場合は出ていません。そこの実力差というのが大きかったと思います。今年は、全日本選手権を基準に戦っていかないといけなと思います。

――それを踏まえて、日本一になるためには何が必要ですか

いいチームはできていると思います。しかし、強いチームは、まだできてないと思います。テニスに対するモチベーションや、結果を変える行動というのが必要だと思います。テニスの面でそういうところがあまりできてないと思います。個人ベースでレベルを上げようというところしかなかったので、チームとしてどのように上げるのかというのが必要になってくると思います。

――福田主将が思う強いチームとは

テニスはもちろん強いと思います。それだけでなく、芯があると思います。自分の軸をしっかり理解した上でプレーしたら、テニスも伸びると思います。応援していても安心して見れると思います。

――主将に選ばれた心境は

主将に選ばれるとは全く思わなかったです(笑)。主将に選ばれた理由は、周りがうまく見えているのかと思います。それをチームに生かせたいです。

「一人一人密にコミュニケーションを取って、一人一人の背中を押せるような主将になりたい」

――理想の主将像とは

主将に2つのタイプがあると思います。みんなの背中を押すタイプと引っ張るタイプだと思います。僕は引っ張るタイプではないと思います。一人一人密にコミュニケーションを取って、一人一人の背中を押せるような主将になりたいと思います。

――今シーズンのチームの特徴は

いい意味で悪い意味で仲が良いです。そこの悪い面とは、メリハリというのがうまくできてない部分があると思います。テニスに緩さを持っている部分があると思うので、そこは改善していきたいです。そのオフコートで先輩後輩関係なく、コミュニケーションを取れている部分があります。そこはすごくいい部分だと思います。

――4年生が大きなカギになると思いますが、今年の4年生の特徴は

自分の軸を持っていて、自由にやっている部分があると思います。去年は、うまくチームにフィットしていたので、今年もうまくフィットさせるように頑張っていきたいです。あと、テニス以外では、おもしろい人ばかりです(笑)。

――4年生から期待することは

引っ張るのは、当然だと思います。他のことで忙しくなると思いますが、まずはテニスを頑張るというところを意識してほしいと思います。

――2月に新進が行われましたが、新進を振り返って

僕自身は新進で結果が出なかったです。結果を出している選手も多かったと思います。Cチームの選手が高校時代にインハイに出ている選手に勝ったり、全然勝ってない選手が準優勝しました。また、新2年生がベスト8に2人入りました。そういうところで結構実力を伸ばしている選手が多かったので、そこは良かったと思います。

――早大以外で警戒するチームはありますか

どこも強いです。特に法大が強いと思います。新進もシングルスもダブルスも法大が優勝しました。法大も結構実力を上げているチームだと思うので、警戒しないといけないと思います。外ばかりに目を向けるのではなく、しっかり自分たちの方で目を向けないと思います。

――今シーズンの目標は

個人だと、ダブルスで日本一を目指して頑張っていきたいです。シングルスも一つ一つ積み上げて、チームにいい影響を与えればと思います。

――お忙しい中ありがとうございました!

(取材:萬代理人)