ある日の練習終わり、今季のキーマンたちで開幕への意気込み、新チームの雰囲気、そして裏話などを語ってもらった春季開幕前特別企画『座談会でチームを語る』。
第4回は慶大・主将の郡司裕也(④仙台育英)と副将・柳町達(④慶應)、投手陣の大黒柱・髙橋佑樹(④川越東)の3人。この冬に一番伸びた選手は3人とも同じでのあの投手。郡司の帽子のサイズ、そして柳町の意外な裏の顔とは…。ぜひ、ご覧ください!

■プロフィール
郡司 裕也(ぐんじ・ゆうや)1997年12月27日生まれ。180cm 85kg。右投右打。仙台育英出身。
柳町 達(やなぎまち・たつる)1997年4月20日生まれ。180cm 72kg。右投左打。慶應出身。
髙橋 佑樹(たかはし・ゆうき)1997年10月9日生まれ。174cm 80kg。左投左打。川越東出身。