4年生の祝いと晴れて明大に入学してくる新入生を迎える歓送迎会が行われた。4年生から最後の挨拶、新入生の紹介が行われるなど、和やかな雰囲気で会が行われた。

それぞれの道に進む。今年度、日本氷上選手権(インカレ)男子フリースケーティング(FS)で完璧な演技を披露し、総合優勝に導いた佐上凌主将(商4=武蔵野)。そして今年度は惜しくも全日本選手権、インカレともに出場とならなかったが、4年間明大男子を引っ張った梶田健登(政経4=明大中野)の2人が3月26日をもって明大を去る。鎌田英嗣(営4=獨協)は明大に残り、来季も競技を続ける。「やっぱり明治がナンバー1!」というおなじみの台詞を後輩たちに受け継ぎ、結束力を深めた。新入生の入部でさらにパワーアップする明大スケート部に期待したい。

[中澤美月]