現地時間3月18日、マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)でのニューヨーク・ニックス戦は、思い通りにならなかった今季のロサンゼルス・レイカーズを象徴するような内容、結果だったと言えるだろう。

 リーグ最悪勝率でイースタン・カンファレンス最下位のニックス相手に、残り3分44秒で11点のリードを奪い、もう”安全圏”かと思えた。しかし、そこから逆転を許すと、最後は再逆転を狙ったレブロン・ジェームズのシュートがブロックされて万事休す。”現役最強プレーヤー”の呼称をほしいままにしてきたレブロンが、ディフェンスが得意ではないマリオ・へゾニャに止められてしまうという予想外の結末になった。

「ゲームを締めくくることができなかった。僕も勝負所で十分なプレーができず、ショットを決めることができなかったんだ」




18日のニックス戦で天を仰ぐレブロン

 試合後、MSGの通路で多くのメディアに取り囲まれたレブロンは、諦観(ていかん)すら感じさせる表情でそう述べた。

 レイカーズは続く20日の試合にも負け、直近10戦で9敗。個人としては過去8年連続でファイナルに進んできたレブロンだったが、ウェスタン・カンファレンス11位に沈むレイカーズはプレーオフ進出が絶望的な状況になっている。

 昨オフにレブロンが、再建中だったレイカーズと4年1億5400万ドル(約170億円)という大型契約を結んだ時点でも、優勝が狙えるチームになるまでには時間がかかると予想されていた。それでも、”選ばれし男”を擁するチームが、まさかプレーオフ進出を逃すことになるとは……。

 NBAで16年目を迎えたレブロンにとって、今季ここまでの勝率.437(31勝40敗)は、クリーブランド・キャバリアーズからドラフト指名された直後の1年目に残した.427(35勝47敗)以来最悪の数字。鳴り物入りで移籍して1年目の今季は「失敗」と評されても仕方がない。さまざまな意味で、2018-19シーズンはレブロンの輝かしいキャリアでも最悪のシーズンとして記憶されるはずだ。

「チームが波に乗りかけたところで、レブロンが故障離脱したのが何よりも痛かった。さらにトレード期限の噂話によって、チーム内に不協和音が漂ってしまった」

 MSGで顔を合わせたウェスタン・カンファレンス某チームのスカウトは、レイカーズとレブロンの苦戦の理由をそう分析していた。

 実際に今季のレイカーズは前評判を上回るほどの好スタートを切り、昨年12月25日に昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズを下した時点で20勝14敗。もともとプレーメイカーの役割を好むレブロンは、ブランドン・イングラム、ロンゾ・ボール、カイル・クーズマ、ジョシュ・ハートといった20代前半の主力選手たちと楽しそうにプレーしているように見えた。ところが--。

 クリスマスに行なわれたウォリアーズ戦で、レブロンは股関節を負傷。回復に時間がかかり、大黒柱はキャリア最長となる17戦連続欠場を余儀なくされた。その日以降、レイカーズは11勝26敗。前述のスカウトが真っ先に挙げたとおり、このケガこそが今季のレイカーズにとって最大のターニングポイントだった。

 また、2月上旬のトレード期限前、リーグ最高級の”ビッグマン”であるアンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ)の獲得を狙った動きもチームに動揺を与えた。結局、トレードは実現しなかったが、交渉の過程でボール、イングラム、クーズマ、ハート、コールドウェル・ポープ、ラジョン・ロンド、イビカ・ズバックといった主力選手たちがすべて放出候補に挙げられた。

 一部の選手に対し、「レブロンはおまえをトレードしたがっているぞ!」などと激しくヤジが飛ぶような状況下で、チーム内が微妙な空気になったことは容易に想像できる。トレード期限(2月7日)以降は17戦で13敗と、レイカーズが崩壊したことは決して偶然ではない。

 失意のシーズンは間もなく終わり、今後の注目はレイカーズとレブロンがどう立て直していくかに移っていく。来季は絶対に負けられないシーズンになるが、先行きは不透明だ。ビル・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)の去就も定かではなく、どんな陣容で臨むことになるかを予想するのも極めて難しい。

「今夏には多くの好選手がFAになる。名指しするとトラブルになるからするつもりはないが、(大物を獲得して)向上するチャンスがあるのはすばらしいことだ」

 レブロンのそんな言葉通り、今オフにはケビン・デュラント(ウォリアーズ)、カワイ・レナード(トロント・ラプターズ)といった多くのスーパースターがFAになることが予想される。レイカーズには補強が可能なサラリーキャップ・スペースがあり、FA戦線が始まるとともに大物の争奪戦に挑むだろう。ただ、レイカーズは今季で6年連続のプレーオフ逸と低迷を続けており、スター選手たちがこのチームに魅力を感じるかどうかは微妙だ。

 レブロンの”復権”も、必ずしも楽観はできない。昨年末のケガは返す返すも残念だったが、34歳という年齢、これまで身体にかかってきた負荷を考えれば、故障による長期離脱は単なる不運とは言い切れない。

 平均27.5得点、8.0アシスト、8.5リバウンドという個人成績は依然として超ハイレベルだとしても、ディフェンス面ではほころびも散見するようになった。ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)、ケビン・デュラントらの充実もあって、「レブロンはもうNo.1プレイヤーではないのではないか」といった声も聞こえてきている。

「今夏のことはもちろん考えているよ。プレーオフからこれだけ離された位置にいて、出場できないとなれば残念だ。今後に関して真っ先に考えているのは、体調を整えること。(プレーオフに出場しない場合は)いつもより2カ月多く体調を整える時間がある。肉体的にも精神的にもリフレッシュすることが、僕にとっての17年目のカギになる。そのことは楽しみにしているよ」

 レブロン自身のそんな言葉にあるように、プレーオフ進出を逃した時の不幸中の幸いは、これまで以上に身体を休められることだ。過去8年はすべてファイナルが行なわれる6月中旬までプレーを続けたが、今年は4月でシーズン終了。おかげで休養、調整に長い時間をかけ、来シーズンに備えることができる。まだ力を残していることを示すために、準備万端で迎える来季は極めて意味深い1年になるだろう。

 背番号23が久々に経験した試練のシーズンは、”終わりの始まり”なのか。それとも、「名門レイカーズを復活させる」という新たなグロリアスロードの序章に過ぎないのか。その答えは来季に見えてくる。今オフシーズンから来季にかけて、レブロンとレイカーズの行方から目が離せない。