写真:杜凱琹(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部
<ノジマTリーグ2018/19シーズン プレーオフファイナル 3月17日(日)両国国技館>

17日、卓球新リーグ・ノジマTリーグ女子「プレーオフファイナル」。第1マッチでは日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)・常晨晨/蒋慧ペアが木下アビエル神奈川(以下KA神奈川)の石川佳純/木原美悠ペアに対し2-1で勝利。しかも、最終ゲームはデュースにもつれこんだ末に逆転勝ちとなった。

第2マッチでは杜凱琹(ドゥホイカン・KA神奈川)が平野美宇(日本生命)との3-2の大接戦を制し、マッチカウント1-1に戻した。

杜凱琹がマッチカウントを1-1に戻す




写真:平野美宇(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

第2マッチのシングルスは、Sランク選手同士の戦い。両者の対戦はTリーグでは初となる。

第1ゲームは、序盤から杜の緩急をつけたプレーが平野を翻弄する展開に。杜が一気に7-1まで差を広げ、ゲーム後半でリズムをつかんだ平野が食い下がるも、杜が11-5でこのゲームをものにした。

第2ゲームは、第1ゲーム後半で流れを掴んできた平野の攻撃が冴えわたる。コースを突いた鋭い攻撃で、平野がこのマッチ中で初めてリードする形となる。その後は一気に9-5まで点差をつけ、最後は平野が強烈な回転のかかったサービスエースで1ゲームを取り返し、ゲームカウント1-1とした。

互いに取りたい第3ゲームは、両者取られては取り返す攻防に。再び多彩な球質で攻める杜に対し、打ち合いになる前に点を取りたい平野。平野がなんとかデュースに持ち込み、スコア12-13と迫ったところで杜がタイムアウト。明けて1本目の平野のサーブからの1点を杜が制し、14-12で杜がこの大接戦をものにした。

勝ち点をチームに持ち帰りたい杜に対して、後がない平野。運命の第4ゲームも、自らのリズムで攻撃したい平野を、杜のペースが翻弄する。しかし粘り強い平野は、回り込みフォアドライブや、相手のフォア側を狙う強烈なスマッシュで果敢に攻め続け、2-6から逆転しゲームを取り返した。

勝負の行方は、最終ゲームへ。

最終ゲームは6-6からスタートするTリーグ特別ルールのビクトリーマッチへ。杜が自身のサービスに加え、平野のサービスからも1本取る。しかし平野も果敢に攻め続け、会場どよめくラリー戦で得点を重ねて9-9に追いつく。そのあとの1本がわずかにアウトとなった平野。会場が静まり返る中、最後の1本も杜の鋭い返球に平野のカウンターが僅かにアウト。運命の1戦は11-9という僅差で杜がものにした。

マッチカウント1-1と白熱したゲームはハーフタイムをはさみ、後半戦に突入する。

スコア詳細

KA神奈川 1-1 日本生命
石川佳純/木原美悠 1-2 ○常晨晨/蒋慧
11-8/7-11/11-13

○杜凱琹 3-2 平野美宇
11-5/6-11/14-12/7-11/11-9

文:ラリーズ編集部