COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前:今井亮(いまい・りょう)
身長/体重:169cm/63㎏
所属:立命館大学ヨット部
出身高校:磯辺高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
高校に入学した際に何か新しいことを始めてみたいと思ったからです。

この競技の好きなところを教えてください。
自然と相手選手の相手を同時にして、日常では味わうことのできないヨットの疾走感を感じることができるところです。

将来の夢を教えてください。
何か一般の人とは少し変わったことをしたいです。今は人生の将来というよりは部活動での将来を見ている感じです。もっとうまくなりたいです。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
オフの日には自分の家で楽器(ベース)の練習、中古のCDショップに行って好きなバンドのコレクション集めなどをしています。
昔からパンクバンドが大好きで、ついつい大量に買ってしまいます。

好きな言葉は何ですか?
十人十色」
ヨットを速く走らせることにおいて正解なんてものはなく、選手それぞれのスタイルで走らせていく。それを手探りで見つけ出すことが僕らの取り組んでいる練習というものだからです。簡単な言葉かもしれませんが、自分にとっては人それぞれの個性を出してよい場所というものが本当の自由が許されている場所な気がして、人とは変わったことがやりたいと思うこともこの言葉が好きだからです。

得意な科目は何ですか?
正直、勉強はあまり得意ではないので、得意教科はありません。
恥ずかしながら単位を取ることに精一杯です。自分の得意教科を増やそうとは思いませんが、得意教科がいつかできたときに、その科目しかできない人にはならないように努力しています。

最近、ブルッたことは何ですか?
自分の好きなバンドのMCを聞いて感動しました。
自分と同じ考えのことを言われたわけではないけれど、明らかに自分が持っていない感性を叫んでいるところを見ると本当に感動します。

小学生の頃の夢は何でしたか?
アルバムにはバンドマンって書いてありました。
今もなれることならなってみたいです。変わっていることを当たり前のようにやりたくてそれがかっこいいことだと思います。

あなたが尊敬する人は誰ですか?
10-feetというバンドのTakumaさんです。
この人の言葉にはいつも感動します。一番好きなバンドではないのですが、伝えている言葉とか詩などは人としての器が大きくて本当に尊敬しています。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
自分がやりたい、試したいことはとりあえずやってみるというところです。
やってみないとわからない。失敗するかもしれないし、時間の無駄かもしれないけれど、そのような経験も自分の成長の材料になると信じているからです。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
本当に学生が主体となって回しているので、高校とは違った大変さや自由な雰囲気が魅力です。
そういった環境でスポーツを勝利目的として行うことはプロにならない限り、大学くらいが最後だと思います。なので、大学生であるからこそ、本気でスポーツに取り組むことをお勧めします。私はたくさんの個性あふれる先輩方や同期がいる中で活動ができています。そういった特別な仲間に出会えることも魅力の一つだと思います。

※写真一番右が今井選手