<写真・東谷と笑顔でハイタッチする明河(右)>

 3月8日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。女子ダブルス準決勝に明河(経2)・東谷(園田女大)組が出場。第1セットからタイブレークにもつれ込む接戦となった。息の合ったテニスで先取するも、続く第2セットは相手に競り負け、落とした。迎えたスーパータイブレーク。リードされた展開から流れを変えようとするも、惜しくも及ばず。1-2で敗れベスト4敗退。これにより、関学勢は全員が敗退となった。

    

女子ダブルス本戦準決勝

明河・東谷     1-2(7-6(5)、6(5)-7、7-10)

試合後のコメント


ダブルス4強で敗退となった明河樹「内容は悪くなかったが、負けてしまった。1ポイントで勝敗が変わることを痛感した。勝てない相手ではなかっただけに悔しい。タイブレークは得意だったが、取り切れなかったショックも大きかった。ダブルスの結果は去年と同じ4強。新進は優勝するチャンスだと思っていたので悲しいが、リーグ戦でチームの主力になれるように結果を残していきたい」