<写真・2位入賞を果たした関>

 

 3月7日、長野県野沢温泉スキー場にて第89回全関西学生スキー選手権大会の1日目が行われた。アルペン部門2本目では男子では、髙木(国3)の11位が最高順位となった。女子では、関(商3)が2本目で1位、清水(人1)が2本目で3位、伊東(経3)が1本目で7位。クロスカントリーでは男子では、甫天(経2)が4位、女子では、中井(教2)が7位と男女ともに入賞を果たした。本日の全結果は以下の通り。

クロスカントリー

【女子10キロメートルクラシカル】

7位 中井

17位 井渕(総4)

21位 黒岩(法4)

【男子30キロメートルクラシカル】 

4位甫天洸介(経2)

16位西垣和真(法1)

19位中俣旭日(人2)

28位林雅人(人4)

アルペン

【チャンピオン女子GSL】

1位 関(2本目)

3位 清水(2本目)

7位 伊東(1本目)

10位早川(1本目)

【チャンピオン男子GSL】 

11位  髙木(2本目)

15位  山田(2本目)

19位  浅田(2本目)

24位  藤井(2本目)

49位  壹橋(2本目)

20位  唐澤(1本目)

27位  酒井(1本目)

29位  藤井(1本目)

30位  藤原(1本目)

試合後のコメント

平田大樹主将(経4)「きょうはアルペンの男子は実力を出せずに終わってしまった。雪質と斜度に慣れていないのと、スタート前のモチベーションが良くなかった。ちゃんと自分の実力を出し切れるように、きょうの反省を生かしていく。あすは、個人的には確実にポイントを取って、他のチームメイトをリードしたい。優勝を目指す」