写真:「READY FOR 2020」イメージ/提供:パナソニック株式会社

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)が、東京2020オリンピック競技大会500日前イベントの一環として、独自の技術を活用したプロジェクションマッピングイベント「Ready for 2020~Technology Empowering The Passion of Sports~」を開催する。期間は2019年3月21日(木・祝)~24日(日)の4日間で、場所はパナソニックセンター東京(所在地:東京都江東区有明 3-5-1)にて行われる。

イベントでは、パナソニックの「高速追従プロジェクションマッピング」技術を活用し、世界最高峰のデジタルアート集団「MOMENT FACTORY」の演出によって新たなスポーツの楽しみ方を提案する。卓球エリアにおいては、ラリーにおける球の軌跡を高速追従し壁面に演出するプロジェクションマッピングを体験することができる。



写真:卓球イメージ/提供:パナソニック株式会社

「高速追従プロジェクションマッピング」とは、人など対象物の動きに合わせて映像が遅延することなく高速追従し、空間演出できる技術で、野球のスイング、サッカーのパス、卓球のラリーといった人や球の動きに合わせた演出を行い、これまでにない先進的なスポーツ体験が可能に。最新テクノロジーを通じて、次世代を担う若年層をはじめ幅広い世代の方々がスポーツの魅力に触れ、新たな気づきを得ることができる。

パナソニックは、これらの活動を通じて、東京 2020 オリンピック競技大会の盛り上げに貢献するとともに、さらなるオリンピックムーブメントの醸成に貢献する。

「Ready for 2020~Technology Empowering The Passion of Sports~」 概要

【日時】
2019年3月21日(木・祝)18:00~20:00、3月22日(金)~24 日(日)11:00~20:00
※21日(木・祝)17:00~17:40 にオープニングイベントを実施予定。
【場所】
パナソニックセンター東京 ホール、NEXT コミュニケーションエリア
【協力】
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、MOMENT FACTORY
【内容】
プロジェクションマッピング体験
◆Play Area1:卓球
卓球をする中で、ラリーにおける球の軌跡を高速追従し、壁面に演出
◆Play Area2:サッカー
サッカーボールをパスする動作の中で、天井からボールの軌跡を高速追従し、床面を演出
◆Play Area3:野球
バットのスイング動作を高速追従し、その軌跡を壁面に演出

オープニングイベント 概要

【日時】
2019年3月21日(木・祝)17:00~17:40
【ゲスト】
Dominic Audet さん(MOMENT FACTORY Chief Innovation Officer)
為末 大さん(元陸上競技選手、株式会社 Deportare Partners 代表)
ケント・モリさん(ダンスアーティスト)
朴 正義さん(株式会社バスキュール 代表取締役社長)
【テーマ】
「テクノロジーがスポーツを変える」
※2019 年 3 月 23 日(土)・24 日(日)の 2 日間も、トークショーを開催予定。時間・ゲスト等の詳細は、確定次第下記 WEB サイトで発表する。

▼「Ready for 2020~Technology Empowering The Passion of Sports~」 紹介サイト
https://panasonic.co.jp/center/tokyo/event/all/2019/02/mapping.html
※なお同期間、本イベントと連携して、東京ビッグサイトおよびパナソニックセンター東京の屋外壁面への特別プロジェクションマッピング上映も開催される予定。(主催:東京都、株式会社東京ビッグサイト、パナソニック株式会社)
・2019 年 3 月 21 日(木・祝)17:40 より、オープニングイベントも行われる。
▼(参考)東京都ホームページ:http://www.metro.tokyo.jp/index.html

文:ラリーズ編集部