写真:丹羽孝希(左)、吉村和弘/撮影:ラリーズ編集部

5日、卓球男子の丹羽孝希と吉村和弘がアドバイザリースタッフを務める卓球メーカーVICTASの新商品展示会(於:T4 TOKYO)に登場し、卓球ショップ関係者限定のサイン会を実施した。

世界卓球シングルス代表の丹羽と吉村が渋谷T4に登場




写真:丹羽孝希(左)、吉村和弘/撮影:ラリーズ編集部
全国の卓球ショップ関係者向けに行われたサイン会では、丹羽、吉村両選手が1人1人に丁寧にサインをし、記念撮影を実施。Tリーグで活躍し、4月の世界選手権(個人戦)の代表にも内定している両選手のサインを求め、会場には長蛇の列ができた。福岡県から参加した卓球ショップのオーナーは「丹羽選手モデルのラケットを試し打ちした後に本人に会えた。目を見て握手をしてくれて、嬉しかった。サインはお店に飾ります」と満面の笑み。参加者は普段はなかなか会えない卓球トップアスリートとの交流を楽しんだ。

吉村はTリーグプレーオフを控える




写真:丹羽孝希(左)、吉村和弘(右)/撮影:ラリーズ編集部
吉村和弘は今後の抱負について「世界選手権に初めて出るのが楽しみ。選んでいただいたからにはベスト8以上を狙いたい。これから大事な試合が続くので一戦一戦しっかり調整します」とコメント。3月17日に岡山リベッツのメンバーとして出場するTリーグファイナルについては「ビクトリーマッチにもつれる気がする。回って来たら必ず勝ちたい」と意欲を覗かせた。丹羽と吉村は3月はTリーグファイナル(吉村のみ)、ITTFワールドツアー、4月はアジアカップ(丹羽のみ)、世界選手権と重要な大会が続く。

文:ラリーズ編集部