<写真・男子ダブルス3回戦に進出した板倉(左)・小野田組>

 3月5日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。きょうは男子ダブルス2回戦が行われ、関学からは3組が出場。栗山(商3)・天野(文3)組は、スーパータイブレークの末、2回戦を突破した。板倉(人3)・小野田(商3)組は、ツーボレーで相手を圧倒。2ゲームしか与えない圧巻の試合運びで、勝利した。深井(法3)・中澤(法1)組はフルセットで敗れるも、2組が3回戦進出を果たした。

   あすは同会場で男子ダブルスの3回戦が行われる。

男子ダブルス本戦2回戦

栗山・天野   2-1(7-5、6-7(5)、10-7)

深井・中澤   1-2(6-3、4-6、9-11)

板倉・小野田   2-0(6-2、6-0)

試合後のコメント


栗山拓也主将「結果としては、2組が突破できて良かった。きょうは応援の声が大きく、選手たちにとってはすごく力になったと思う。板倉・小野田組は自分たちのプレーを最後まで貫いてくれた。自分と天野のペアも、声を出して盛り上げていけた。あすからはよりレベルの高い試合になる。出だしから集中して、自分たちのプレーができるように準備したい」