<写真・ストレート勝ちで3回戦進出を決めた明河>

 3月3日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。女子シングルスに6人が出場。昨年、同大会8強の明河(経2)が、きょうも堂々のストレート勝ちを収めた。また、きのう行われた1回戦で4時間超えの激闘を制した北本(人1)が、きょうも粘りのテニスを展開し、勝利。2人が3回戦へ駒を進めた。また、日没までのため、2試合があすへ持ち越しとなった。

    あすは同会場で、順延となった女子シングルスの2回戦と、女子ダブルスの1回戦が行われる。

女子シングルス本戦1回戦

小柳(商1) 2-0(6-3、6-4)

女子シングルス本戦2回戦

明河   2-0(6-2、6-4)

小林(経1) 0-2(1-6、1-6)

北本 2-0(6-3、7-6(0))

大和(経2) (7-5、2-6、2-0) 高本(商3)(日没順延)

小柳 (7-5)(日没順延)

試合後のコメント


越智優果主将(教3)「順調に多く勝ち上がれている。北本の試合では、きのう私が負けた相手にリベンジしてくれてうれしかった。明河も第2セットで競ったところから、勝ち切ってくれて良かったと思う。チームとしては、第1セットを取った後の第2セットの出だしが課題。気合いを入れていきたい。応援の一体感を強みにして、あすも全員で勝ち上がりたい」