<写真・公式戦本戦初出場で快勝した小林>

 3月2日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。女子シングルスでは10人が出場した。公式戦本戦初出場の小林(経1)がストレート勝利を収めるなど、5人が2回戦へ勝ち進んだ。また、日没までのため、1試合はあすへ持ち越しとなった。

    あすは同会場で延期となった女子シングルスの1回戦と2回戦が行われる。

女子シングルス本戦1回戦

越智(教3) 1-2(6-2、4-6、6-7(6))

高本(商3) 2-1(6-1、2-6、6-0)廣川(商1)

岩井(商2) 0-2(0-6、3-6)

大和(経2) 2-0(6-3、6-2)

明河(経2) 2-0(6-4、6-1)石川(教1)

北本(人1) 2-1(6-3、4-6、7-6(4))

小林 2-0(6-4、6-3)

小柳(商1) (6-3、1-2)(日没順延)

試合後のコメント


越智優果主将「順調に勝ち上がれている。同士討ちで2つとも上級生が勝ったり、小林が初めての本戦で1年生ながら勝ち切れたりしていたので良かった。応援の雰囲気も良かったと思う。(自身の試合について)悔しいの一言。勝たないといけない試合だった。でも、格上だと思っていた相手とファイナルまで戦えたことは自信になった。あすは、女子シングルス2回戦。同士討ち以外は勝ち上がれるようにしたい」