仲間と共に

 「人とこんなに密に関わるスポーツは他にはない」とワンダーフォーゲルの魅力を語ったのは酒井創太郎主将(商=東京・西)。自然相手の過酷な状況下で命の危険と隣り合わせの中、信頼できる仲間の大切さを実感した。苦しいことも楽しいこともあった四年間。酒井のワンダーフォーゲル部での歩みを振り返る。

 高校時代のサッカー部の先輩に誘われたことがきっかけで酒井はワンダーフォーゲル部に入部した。「山がきつかった」と入部当初を振り返る。もともとラフティングに興味があったという酒井。山についてはほとんど何も知らない状態だった。そこから装備品の扱い方などの多くの知識を習得し、さらに体力づくりのためきつい合宿に連れていかれた。それでも1年時の夏合宿でアルプスから見た「これまで見たことなかった景色」に感銘を受け、ワンダーフォーゲルの魅力にのめり込んだ。また先輩をはじめ仲間たちの存在もつらい活動の中での支えとなった。2年時には後輩の指導に苦労したという。経験が少ない中で何をどこまで教えたらよいのか手探りの状態が続いた。3年時には後輩を少し引いた目線で指導できるようになり、次第に教えることが楽しくなっていった。


リバーベンチャー選手権でラフティングをする酒井たち

 最上級生になり、酒井はワンダーフォーゲル部の主将に就任した。これまでの人生であまりリーダーの役割を務めたことがなかったという酒井。主将就任後は人の命を預かるというこれまでに味わったことのなかった重い責任を痛感した。部員に何かあれば、主将である酒井が部員の親に謝りに行くこともあった。それでも主将を務めたことによって自身の視野がこれまで以上に広がった。そして責任を取ることの大切さ、周りに支えられることのありがたさを学んだ。

 酒井は四年間の活動を「目標には届いてないので100点ではないが80点ぐらいは付けられる」と謙虚に語った。これまでにワンダーフォーゲル部が切り拓いたことのない新たなコースに挑戦したりするなど、同級生をはじめ仲間と共に高い目標に挑戦してきた。いずれの目標も修正しつつ、監督やコーチOBの支えもあり無事故で達成することができた。

 卒業後は一般企業への就職が決まっている。「これまで通り無事故で、持っている思いを生かして存分にやってほしい」と後輩たちへの思いを語った。卒業後も後輩への指導という形でワンダーフォーゲル部と関わっていく。酒井がワンダーフォーゲル部で築き上げた財産は今後も着実に受け継がれていくことになるだろう。

(記事 野口駿、写真 大山遼佳)