女子ハーフパイプ界のニューヒロイン

女子ハーフパイプ界に彗星のごと現れたニューヒロイン“アリエル・ゴールド”。1996年5月4日アメリカはコロラド州に生まれたアリエル・ゴールドはここ数年で頭角を現し、世界TOPスノーボーダーたちの仲間入りを果たした。
アリエル・ゴールドの兄は同じくスノーボードハーフパイプ選手で、ワールドカップ金メダリストのテイラー・ゴールド。その兄の影響を受け、7歳のときにスノーボードをはじめることに。
2010年に開催されたバートンUSオープンのジュニアジャム(ジュニア部門)、ハーフパイプコンテンストで金メダルを獲得。アリエル・ゴールドはスノーボードシーンに華々しく現れ、翌2011年にはUSA全国選手権準優勝、2012年にはオーストリアはインスブルックで開催されたユースオリンピックでハーフパイプとスロープスタイルの両方で準優勝した。

そして、アリエル・ゴールドが大躍進を遂げた2012年-2013年シーズン。2013年1月、彼女の生まれ故郷でもあるコロラド州はアスペンで開催されたX Gamesで予想を覆し3位に輝き、同年スイスはラークスで開催されたバートンヨーロピアンオープンでは見事優勝をおさめた。
活躍が期待された2014年ソチ五輪では、スノーボード女子ハーフパイプに選出されたものの、直前に負ったケガにより、出場辞退に。
ケガから復帰した後、再び快進撃はつづき、2016年1月、2013年のバートンヨーロピアンオープンで優勝した歓喜の地で開催されたラークスオープンで見事に優勝に輝き、アスペンで開催されたX Gamesでは準優勝となった。
2018年に開催される平昌オリンピック。晴れの舞台でのアリエル・ゴールド、世界屈指のパフォーマンスが期待される。