F1のオフィシャルタイヤサプライヤーとして9シーズン目を迎えるピレリは、バルセロナテストでデビューを迎えた2019年シーズン用タイヤの特徴を発表した。

ドライタイヤは、5種類(硬い方からC1~C5)のスリックコンパウンドを用意。テストでの識別は3色のカラーリングおよびストライプの有無で行なっている。C1とC2がホワイト、C3がイエロー、C4とC5はレッド。そして最もハードなC1および最もソフトなC5にはストライプをつけず、5種類が識別できるようにしている(C2~C4はストライプあり)。

なお、レースでは5種類のなかから3種類が適宜あらかじめ用意され、毎回、硬い方からハード、ミディアム、ソフトと呼ばれることになる。カラーリング&ストライプは、ハードがホワイト、ミディアムがイエロー、ソフトがレッド。

また、オーバーヒート抑制を目的に、薄いトレッドをすべての2019年用タイヤに採用する。

インターミディエイトは、より幅広いコンディションをカバーするよう設計し、ウェット路面での性能向上とともに、スリックとフルウェットとの効果的なクロスオーバーポイントをもたらす。フルウェットタイヤは形状を再設計。耐アクアプレーニング性能を高め、豪雨時のドライバビリティが向上している。また、フルウェットとインターミディエイトには従来、高温用と低温用の2種類のレンジがあったが、2019年シーズンはより汎用的な使用が可能になったことから、1種類のみとなる。

作動温度領域はC1が110~140度、C2が110~135度、C3が105~135度、C4が90~120度、C5が85~115度。オーバーヒートを抑制すべく、今シーズンのタイヤの作動温度領域は若干高くなっている。

<おわび> タイヤチョイスの説明が間違っておりました。訂正・再出力しました。

F1 2019年シーズン用ピレリタイヤ(インターミディエイト/フルウェット)

F1 2019年シーズン用ピレリタイヤ(インターミディエイト/フルウェット)