<写真・新主将を務める原口>

   2月2日、関西学院会館レセプションホールにて、KGURFC2018年度納会が行われ、新体制が発表された。

監督 牟田至氏

主将 原口浩明(人3)

副将 杉原立樹(文3)

副将 房本泰地(法3)

FWリーダー 真砂大二郎(社3)

BKリーダー 中孝佑(商3)

監督は昨年に続き、牟田氏が続投。主将の原口はPRで2年時からAチーム入り。スクラムの要としてチームをけん引してきた。副将の杉原はLOとしてU20日本代表入りした経験を生かし、来年度は主将を支える。同じく副将の房本も昨年度SOとしてAチームに定着。チームの司令塔とて躍動を見せた。主務は昨年副務を務めた油谷が選出された。

また、部内の優秀選手に贈られる各賞も発表された。

【貝元杯 】

安居大道(総4)

【高岡杯】

香川凜人(人4)

【西村杯】

吉田菜央人(経4)

【監督賞】

勝川燿(商4)

【新人賞】

魚谷勇波(商1)

【蒼鷲会 会長賞】

才野里菜(法4)

中村智暁(文4)

【部長賞】

森井宏法(商4)

各賞では勝川前主将ら4年生が7人受賞。壇上であいさつし、次世代に思いを託した。

原口浩明新主将挨拶「日本一を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」