写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

1月30日、ノジマTリーグで日本生命レッドエルフが日本ペイントマレッツを3−1で破った。ともに大阪に本拠地を置く両チームによる「大阪ダービー」は、今シーズンこの対戦で最後となり、日本生命の通算6勝1敗となった。

日本生命はダブルス(常・蒋ペア)、早田ひながいずれもストレート勝ちでチームに勢いをつけると、3番の平野美宇が日本ペイントの高校生カットマン相馬夢乃に逆転勝ちをし、チームの勝利を決めた。

4番では日本ペイントの李 皓晴(リ ホチン・香港)が日本生命の森さくらをゲームオールで下し、一矢報いた。

ノジマTリーグ前期MVPの早田ひなは、本日の勝利で通算11勝0敗。平野美宇も通算5勝0敗とし、ともにTリーグでのシングルス全勝をキープしている。

スコア詳細:日本ペイントマレッツ 1-3 日本生命レッドエルフ

松平 志穂/相馬 夢乃 0-2 ◯常 晨晨/蒋 慧
5-11/5-11

加藤 美優 0-3 ◯早田 ひな
9-11/8-11/9-11

相馬 夢乃 2-3 ◯平野 美宇
11-6/2-11/11-5/6-11/8-11

◯李 皓晴 3-2 森 さくら
7-11/12-10/11-5/11-13/11-9

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする前の記事へ次の記事へ