<写真・QBサックを決めた海崎〉

試合後のコメント

鳥内秀晃監督「あんなランナーおったら試合にならへん。学生たちが一生懸命戦った結果。仕方ない。リーグ戦後半に苦しい状況になったが、みんな前を向いてここまでやってくれた。甲子園ボウルで勝って学生日本一になったんだから、ええんちゃいますか」

光藤航哉主将「圧倒的力の差があると想定していたが、それ以上のスピードとパワーがあった。「全員で」を掲げてきて、日本一になれて良かった。社会人を倒すことができなかったのは悔しい。今年は、下級生に助けられた。俺たちを踏み台にして、もっと良いチームになれるから頑張ってほしい」

#25DB横澤良太副将(商4)「 全力を出したが、通じなかった。社会人は強かった。特に苦しかった1年。でも、しんどいことも我慢して弱音吐かんとやったら糧になると分かった。人間的に成長できた1年だった。4年生がちゃんとやれば強くなれる。後輩も悔いのないようにやってほしい」

#96TE荒木将太副将(商4)「力を出し切れた。ディフェンスとしてしっかり止められていたと思う。あんなに強い相手と戦えて面白かった。点差を広げられてしまったのは悔しい。後輩たちがちゃんと付いてきてくれて学生日本一になれて良かった」

#80WR尾崎祐真(人4)「やっぱり強かった。1年間やってきた結果があの点差。悔しいが、どんな状況になっても最後までやり切ることはできた。副将として1年間やってきて、できないことの方が多かったが、こういう舞台に立つことができて本当に感謝している。後輩には何事にも逃げずに目標に向かって頑張ってほしい。今年は「全員で」をテーマにいいチームになったので、来年も続けていってほしい」

#83WR小田快人「大きな舞台で決められてよかった。全力を出せたと思う。この1年長くて、アメフトのことをすごい考えて苦しかった。1球1球に対する執着心が大事だと思う。野球からアメフトに挑戦したが、良かった。濃い4年間を過ごせた」

#21RB三宅昴輝(経2)「1対1で負けて点差が開いてしまった。オフェンスとしてもっとランを出せたと思うので、悔しい。個人的には初スタメンで緊張したが、勝負所でダウンを何度か更新できたのは良かった。日本一にはなれなかったが、ここまで来れたことは誇りに思う。4年生には感謝している。これからは大事な場面で取り切れる、存在感のある選手になっていきたい」

チーム最多タックルを決めた#27DB西原光平(教4)「この試合に懸けていた。ミスが多く、みんなに申し訳ないなという気持ちが大きい。甲子園ボウルを終えてから、タックルをしたらつかむことや低さを意識してきた。でも、実際戦ってみたら想像よりも強かった。頼りない4年生についてきてくれた後輩たちは最高のチームを作れると思うので、いいディフェンスをつくってほしい」