春高バレーが開催された東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで6日、

バレーボール女子日本代表の中田久美監督が「シッティングバレーボール」のPRイベントに参加した。

中田監督は山本隆弘さん、迫田さおりさんら元男女代表選手とレジェンドチームを結成し、

シッティングバレーの男女代表オールスターチームと対戦した。

 

新年を迎え来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。

バレー、シッティングバレーともに東京大会で行われる。

中田監督は「シッティングバレーボールチームと共に頑張りたい。

オリンピック・パラリンピックの壁を取っ払って、バレーボールを広めていきたい。」と語った。

試合前には一般参加向けの体験会も実施された。

 

■シッティングバレーボールとは…

シッティングバレーボールは、床に臀部(でんぶ)の一部が常に接触したまま行うバレーボール。

サーブ、ブロック、アタックなどで立ち上がったり、飛び跳ねたりすると反則となる。

シッティングバレーボールのルールは、基本的にはWPV競技規則に基づくが、独自の特別ルールが定められている。

 

<イベント詳細>

「NOMURA presents シッティングバレーボール体験会&エキシビションマッチ」

日時:2019年1月6日

場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ サブアリーナ