「ハッキリ言って、ギロチン狙っていました」

「あれ、ここに首があったら獲れるぞ、って(笑)。気付かれないよぉ~うに、そぉ~っと準備して…(笑)」

2018年末のRIZIN.14の自身の戦いを振り返り、淡々と語った格闘家・堀口恭司。

2018年12月31日の「RIZIN.14」、ベラトールのバンタム級王者、ダリオン・コールドウェル(アメリカ)とRIZINバンタム級タイトルマッチ(初代王座決定戦)で対戦し、見事に「ギロチン」を決めての勝利だった。

今回は、その数か月前に行われた2018年9月30日「RIZIN.13」での那須川天心と試合について。また、その那須川天心選手とボクシング元5階級王者フロイド・メイウェザーとの対戦についても言及。

 

・合わせて読みたい→
堀口恭司「ハッキリ言ってギロチンは狙ってました」 年末RIZINを振り返って、新年インタビュー(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-interview-01/)

天心との戦いを振り返って「面白かったです」

 

- まずは9月30日の「RIZIN.13」、那須川天心戦を振り返ってどうでしたか?
堀口「う~ん、面白かったですね。楽しかったです」

- 何が具体的に面白かったのですか?
堀口「自分はもともと空手をしていたので、打撃タイプ同士でフェイントをしたら、そのフェイントに引っかかってくれるみたいな(笑)。その駆け引きとかやり合いが面白かったです」

- 見ていて楽しそうでしたね。
堀口「もう終わっちゃうんだ、と言う寂しさがありましたね。うん、『楽しかった』の一言に尽きます」

- 先日の年末、ご自身の試合直後に行われたメイウェザー選手と那須川天心選手の試合についてどう思われました?
堀口「う~ん、体重差がねぇ…」

- 最後に2019年の意気込みをお願いします。
堀口「そうですね、2019年はもっともっと格闘技を盛り上げて、格闘技は面白いんだよというのを見せていきたいなと、思っています」

 

(CoCoKARAnextのTwitter、Facebookフォロー等で、堀口恭司さんのサイン色紙をプレゼント)

 

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]