■一番人気は春夏連覇の立役者・根尾

 今年のドラフトは、根尾昂(大阪桐蔭高)に多くの指名が集まりそうだ。今夏の甲子園では打者として3本塁打、投手として2勝をマークし、その傑出した能力を遺憾なく発揮。さらに、根尾と共に大阪桐蔭の春夏連覇に貢献した藤原恭大、高水準で走攻守の3拍子がそろう小園海斗(報徳学園高)、“金農旋風”の立役者・吉田輝星(金足農高)を加えて、今年の“高校BIG4”と呼ぶ向きもある。この4人を1位指名するのか、競合回避や即戦力獲得を重視するのか。2位以下の指名も含め、各球団の動向を探っていきたい。

■弱点補強の西武・ソフトバンク。日本ハムはNo.1指名か

【写真提供=共同通信社】

 

 “山賊打線”の異名を取った強力な打撃陣で今季のペナントを制した西武。一方、投手陣は防御率がリーグ最下位に沈んだことに加え、エース・菊池雄星のメジャー移籍が濃厚とされる。補強ポイントは明確なだけに、上茶谷大河(東洋大)や松本航(日本体育大)など、1位は即戦力の先発が有力だろう。2位以下では、齋藤友貴哉(Honda)や生田目翼(日本通運)といった社会人投手の獲得に動くかもしれない。

 連覇を逃したソフトバンクは、内川聖一と松田宣浩がともに35歳を超えるなど、主力野手の高齢化が進んでいる。1位指名は根尾や小園が有力だが、抽選に外れた場合は攻守でポテンシャルの高さを見せる太田椋(天理高)も候補になりそうだ。首尾よく高校生内野手を獲得し、地元出身の強打者である濱田太貴(明豊高)や岩城駿也(九州産業大)も指名できればいうことはない。故障者が続出した投手陣では、高橋拓已(日本生命)や荒西祐大(Honda熊本)がリストアップされているようだ。

 3位・日本ハムの1位指名は、「その年1番の評価をした選手」という例年の方針通り、根尾か吉田が有力視されている。一方で、球団OBの大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)をほうふつとさせる本格派右腕・渡邉勇太朗(浦和学院高)を高く評価しているとの報道もあり、抽選を外した場合は指名がありそうだ。二遊間が手薄なチーム事情もあり、2位以下では増田陸(明秀日立高)や中川圭太(東洋大)の指名も手だろう。

10月25日(木)16時45分~ BGでは1位から育成枠までLIVE配信を実施!LIVE配信ページはこちら

■強打者を狙うオリックス・ロッテ。楽天はセンターライン重視か

 4位のオリックスは小園の1位指名が濃厚だが、チームは外国人やベテランの不振が響いてリーグ5位の打率.244に終わったこともあり、2位以下で吉田正尚に続く将来の和製大砲を獲得したいところ。右では甲子園通算4本塁打の野村佑希(花咲徳栄高)、左では広角に長打を放つ林晃汰(智弁和歌山高)が候補になりそうだ。投手では、手薄な左腕を補強すべく、小島和哉(早稲田大)や坂本光士郎(新日鉄住金広畑)らをリストアップしているとの報道がある。その他では、地元・関西の好投手である山上大輔(立命館大)の指名を検討している模様だ。
 
 5位のロッテは、荻野貴司や角中勝也といった主力の外野手が30代半ばへと差しかかっているだけに、若返りを図りたいところ。1位指名は藤原の他に、大学No.1野手の呼び声が高い辰己涼介(立命館大)の名前が挙がる。リーグでは西武に次いで失点が多かった投手陣の補強を優先するなら、甲斐野央(東洋大)や清水昇(国学院大)も有力な候補だ。2位以下では、リーグ最少の78本塁打に終わった長打力不足を解消すべく、大学屈指の大砲・頓宮裕真(亜細亜大)や侍ジャパン社会人代表の4番を務めた笹川晃平(東京ガス)を指名しておきたい。

 石井一久ゼネラルマネジャーのもとで再建を図る最下位の楽天は、地元・東北出身の吉田を差し置いて根尾の1位指名が有力視されていることから、センターラインの強化を最優先と考えているようだ。2位以下では、捕手なら柘植世那(Honda鈴鹿)や太田光(大阪商業大)、二遊間なら根尾らに加えて伊藤裕季也(立正大)や米満凪(奈良学園大)といった名前が挙がる。投手では東妻勇輔(日本体育大)や梅津晃大(東洋大)の他に、地元出身の岡野祐一郎(東芝)も有力な候補になるだろう。

 各球団の中長期的なチームづくりのビジョンが反映されるドラフト会議。今年はどのようなサプライズが待ち受けているのか、運命の一日は10月25日にやってくる。

「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」シリーズはこちら

※データはすべて2018年10月17日終了時点

TBSテレビ「プロ野球ドラフト会議」番組公式サイト
http://www.tbs.co.jp/baseball-draft/