2戦連続で延長戦となった紫合戦。10回裏、吉田有輝主将(商4=履正社)が二塁打と相手守備のスキをつく走塁で一死3塁の好機を演出すると、森下智之内野手(文4=米子東)の犠飛で今季初のサヨナラ勝利。勝ち点は2となり、4位が確定した。

▼9・21 立大2回戦
 ◯明大4×-3立大
最後の最後で〝粘りの明治〟を体現してみせた。接戦になると終盤で失点し、反撃もなく敗北を喫することの多かった今季。だが「最後だから悔いを残さぬように」(吉田主将)と戦うこの日のナインは一味違った。まず流れを引き寄せたのが、10回表に登板した中山晶量投手(営2=鳴門)だ。リーグ戦初登板にも「ワクワクしていた」という強心臓で、一死2、3塁の窮地を切り抜ける。そして10回裏。今季、絶不調に苦しんだ森下智は「主将を返して終わりたかった」。誰よりもバットを振り続けてきた苦労人の思いを乗せた打球は、飛距離十分なサヨナラ犠飛となった。「明治らしい野球をできたのが、一番うれしい」(吉田主将)。全員で紫紺の意地を見せ、今秋リーグ戦は幕を閉じた。強い明大をもう一度。4年生が抜けることで、ラインナップの刷新が予想される新チーム。新主将は未定だが、エース・森下暢仁投手(政経3=大分商)や今季ブレイクした内山竣外野手(商3=静岡)ら3年生が中心となっていくことは間違いない。「優勝して4年生に恩返しがしたい」(内山)。逆襲の春へ。選手たちが一冬で大きく成長し、再び神宮の地へと帰ってきてくれることを期待したい。
[小野原琢真]

試合後のコメント
善波達也監督
--試合後、4年生にお掛けになった言葉はありますか。

 「今までより社会に出た後の方がうまくいかないことが多いのだから、きちんとした行動ができるような考え方をしていきな、と伝えました」

 

吉田主将

--試合前、チームに掛けた言葉はありますか。
 「最後なので悔いを残さず、頑張ろうと言いました」
--その中で、劇的勝利で最後を締めくくることができました。
 「もちろん勝てたことはうれしいのですが、明治らしい野球をできたことが1番うれしいです」

--後輩の皆さんに向けて一言お願いします。
 「優勝という形で監督にいい思いをさせてほしいです」

 

森下智
--同期の皆さんはどういった存在でしたか。
 「これからもずっと付き合っていきたい本当に良い同期でした」

--明大ファンの皆さんへ一言お願いします。
 「序盤で優勝の可能性が無くなってしまったにもかかわらず、大勢の方々が応援してくれて、本当に明治でよかったなと思います。これからも明治の応援をしてほしいです」

 

中山
--リーグ戦初登板を終えていかがでしたか。

 「すごい場面だったのですが、ワクワクしてマウンドに立てました。ブルペンでもいつも通りだったので何も気負うことは無かったです」