立教大学 3 - 4x 明治大学
勝:中山 敗:手塚
本塁打:なし

明大が再三同点とされ連日の延長戦となるも最終節をサヨナラで勝利した。

打線は先制された直後の1回裏に無死一二塁のチャンスでプロ志望届を提出した好調の渡辺佳(④横浜)が同点タイムリー。続く内山(③静岡)の一打で1対2と逆転。同点とされた後の6回には二死満塁のチャンスに添田(③作新学園)がフルカウントから押し出しを選び2対3と勝ち越す。再び同点とされ延長に突入した10回には1死三塁のチャンスで森下智(④米子東)が犠牲フライを放ちサヨナラとした。

先発・竹田(①履正社)は6回を投げ2失点。7回には石毛(②健大高崎)が登板し三者連続三振を奪ってみせた。8回に中村投手(④仙台三)が同点とされるも逆転は許さず、9回に髙橋聖(① 小諸商)と繋ぐと10回には満塁のピンチにリーグ戦初登板の中山(②鳴門)が無失点で切り抜けた。

立大は種田(④大垣日大)の先制打や終盤の三井(②大阪桐蔭)の同点打などで粘りをみせ延長まで持ち込む。投手陣も先発・田中誠(③大阪桐蔭)や比屋根(②興南)が粘るも最後は競り負けた。

今季は今ひとつ調子が出なかった明治だが最後に最高の形で立大に勝ち順位を一つ上げ4位とした。最後に悔しい思いをした立大だが故障していたエースの田中誠が復調の兆しを見せ、三井や笠井(③桐蔭学園)が成長をみせた。来季こそ優勝を狙いたい。