息詰まる投手戦を制し、46年ぶりの偉業へまた歩みを進めた。勝ち点をかけた立大との3回戦は、慶大髙橋佑樹(環3・川越東)、立大田中誠の両サウスポーが先発。互いに譲らずスコアボードに0を並べていく。均衡が破れたのは7回。小原和樹(環3・盛岡三)の二塁打でチャンスを作ると、瀬戸西純(政2・慶應)がしぶとくセンター前へタイムリーを放ち、待望の先制点を挙げた。8回にも1点を加えると、投げては髙橋佑が終始危なげない投球を見せて圧巻の完封勝利。4つ目の勝ち点を手にし、自力優勝への望みをつないだ。

前日はあと一歩のところまでチャンスを作りながらも悔しい惜敗。運命の3回戦、慶大の先発マウンドには、1回戦で完投勝利を挙げた髙橋佑が上がった。序盤からストライク先行でテンポの良いピッチングを披露し、決定的な場面を作らせない。
対する立大の先発は田中誠。ここ数試合登板がなく、試合勘で劣る部分を狙いたいところだったが、慶大打線も序盤は攻略の糸口を見つけられない。序盤から投手戦の様相を呈する。
その中で最初にチャンスを作ったのは慶大。4回裏、先頭の渡部遼人(環1・桐光学園)がセンター前へのヒットで出塁すると、続く柳町達(商3・慶應)の送りバントを田中誠が悪送球。さらに2死から小原が死球で満塁とし、先制点のチャンスを迎える。しかし、嶋田翔(環2・樹徳)がフルカウントまで粘った末に空振り三振。絶好のチャンスを生かすことができない。
一方で、髙橋佑は5回までに許したランナーはわずか一人。打たせて取る投球を続け、相手打線を全く寄せ付けない。

息詰まる投手戦。0が並ぶスコアボード。その均衡を破ったのは慶大だった。7回裏、1死から小原が初球を振り抜き、左翼手を越える二塁打で出塁。嶋田が三振で倒れるも、続く瀬戸西が外に逃げていく変化球を上手くバットに乗せ、センターへ弾き返す。2死でスタートを切っていた小原が全力疾走で生還し、待望の先制点を奪った。
続く8回にも、代わった相手2番手の川端健を攻め立てる。先頭の中村健人(環3・中京大中京)がヒットで出塁すると、渡部の送りバントで二塁へ。さらに中村は、続く代打正木智也(政1・慶應)の打席で、キャッチャーがボールを取りこぼした一瞬を見逃さず三進。正木はセンターへ確実に犠牲フライを放ち、ロースコアのゲームで大きな2点目を挙げた。

この日の髙橋佑に2点の援護は十分。終盤に入っても緩急を投げ分け、次々と打者を打ち取る。8回にはこの日初めて二塁への進塁を許したが、後続を難なく断ち切った。最終9回も、簡単に三者凡退。3安打1失点で完投勝利を収めた1回戦から中1日で、今度は3安打1四球の完封。三塁すら踏ませない圧巻の投球で、チームに4つ目の勝ち点をもたらした。
前日の惜敗の悔しさを見事に晴らす勝利だった。髙橋佑の文句のつけようのないピッチング。終盤のワンチャンスをものにした打線の粘り強さ。接戦の中でも、チーム全員が集中力を切らすことなく戦った結果が、今日の勝利に繋がったことは間違いない。
勝ち点を4とした慶大だが、ここまで4カードのうち3回戦までもつれたのは3カード。それだけ拮抗した力関係の中でも、厳しい戦いを制して勝ち点を積み重ねてきた。そして次に控えるは早慶戦。「早稲田に勝って完全優勝というのが、今までずっと言ってる「超越」だと思う」(河合大樹主将=総4・関西学院)。春は完全優勝を阻止された因縁の相手への復讐の舞台は整った。いざ完全優勝での3連覇へ-。陸の王者はもう止まらない。

(記事:重川航太朗、写真:小林歩、染谷優真)