2連勝で勝ち点を奪取し、優勝へ向け勢いに乗りたい慶大。先発投手に抜擢されたのは、髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)。しかし、髙橋亮が2本の本塁打を浴び6回を3失点と試合は劣勢に。打線も立大先発を中川の前に6回1失点と抑え込まれ、好機を多々演出するも、3ー4と1点差で敗れ、3カード連続の3戦目への突入となった。

昨日の髙橋佑樹(環3・川越東)の完投勝利から一夜明け、2連勝で勝ち点を奪取すべく、先発を任されたのは東大1回戦以来の先発のマウンドとなる髙橋亮。対する立大は昨日慶大打線を4回2/3を被安打1に抑え込み、苦しめたサブマリン・中川。波乱な展開が予想される中、鉛色の空のもと試合は開始した。

先攻の慶大は中川の前に三者凡退に終わる。マウンドに上がった髙橋亮も内野ゴロ2つと三振に抑え、順調な立ち上がりをみせる。2回、柳町達(商3・慶應)の右安と小原和樹(環3・盛岡三)が気迫のヘッドスライディングで遊安打を掴み取り、2死一、二塁の好機を演出する。ここで迎えるは瀬戸西純(政2・慶應)であったが、二ゴロに倒れる。

試合は2回裏に動く。立大5番の三井に131キロのやや浮いたボールを完璧に捉えられ、打球は右翼席に。大事な先制点失ってしまう。続く敷名にも左線二塁打を放たれる。迎えるは藤野。しかし、ここは二直、二塁を飛び出していた敷名が戻れず併殺に仕留める。失点を1点に抑え、味方の援護を待つ。

すぐに髙橋亮を援護したい打線は1死から中村健人(環3・中京大中京)が右フェンス直撃の二塁打を放ち、またも好機を演出する。続く渡部遼人(環1・桐光学園)も右安を放ち、1死一、三塁と好機を広げる。内田蓮(総4・三重)が遊ゴロを放ち、三塁走者・中村は本塁にヘッドスライディング。ここは中村が勝り、1点を返し、同点に追いつく。

勝ち越し点を与えなくなかった髙橋亮だが、笠井の左安、飯迫の犠打で1死二塁のピンチを招くと、4番・種田に129キロの高めに抜けた変化球を捉えられ、勝ち越し2点本塁打を放たれてしまう。

6回裏からマウンドに上がったのは前田和真(商4・津西)。立大の左打者三連続を危なげなく抑える。

立大先発・中川も6回でお役御免。7回表から江口がマウンドに上がる。先頭打者の嶋田翔(環2・樹徳)が四球を選び出塁。代走・大平亮(環4・鎌倉学園)の二盗、バッテリーのミスもあり2死三塁となった場面で、代打・正木智也(政1・慶應義塾)が右安適時打を放ち、点差を1点に縮める。

7回裏からマウンドに上がったのは木澤尚文(商2・慶應)。無失点に抑え、流れを作りたかったが、先頭の三井を中安で出塁を許し、犠打で1死二塁のピンチを招くと藤野に適時二塁打を浴び、リードを広げさせてしまう。

8回表、この回からマウンドに上がった手塚から渡部が中安打で出塁。続く内田も中安打を放ち、スタートを切っていた渡部は一気に三塁へ。無死一、三塁と好機を作ると、迎えるは4番・郡司裕也(環3・仙台育英)。併殺打に倒れたものの走者は帰還し、点差を再び1点に縮める。

1点劣勢のまま迎えた最終回。立大は抑えとして川端健を投入。先頭の大平が四球選び抜き、小原も遊安打、そして瀬戸西の四球で無死満塁と今日最大の好機を演出する。しかしながら、代打・植田将太(商3・慶應)、中村がそれぞれ浅い外野飛に、最後は渡部が空三振に倒れ、試合終了。川端健の粘りの投球に封じ込まれる結果となった。

後の最後に無死満塁の好機を作るも結果無得点に終わるなど、残塁数は立大が4に対して8だった。あと1本、あと1点に苦しめられた、そんな試合となった。明日の第3戦で勝ち点を取るか否かが優勝の可能性行方を大きく左右することは間違いない。三連覇、完全優勝を目指すべく、明日は快勝を期待したい。