立教大学 0 - 2 慶應義塾大学
勝:髙橋佑 敗:田中誠
本塁打:なし

先制点で試合の流れを変えた慶大が完封で守り切り勝ち越し。

慶大は4回裏、渡部(①桐光学園)のヒットから満塁とするも得点とならずチャンスを逃す。しかし7回裏、小原(③盛岡三)がヒットで出塁し、瀬戸西(②慶應)の適時打で1点を先制。その後8回にも、立大2回戦目にも代打で出場、打点を上げている代打正木(①慶應)がセンターへの犠牲フライで役目を果たし、リードを広げた。

投げては先発・高橋祐(③川越東)が9回を投げ切り3安打6奪三振。8回表には得点圏にランナーを許すも見逃し三振でガッツポーズ。エースの気迫を見せ完封となり堂々の成績で今季5勝目、リーグ単独首位となる。

破れた立大は2失点に抑えるも打線が振るわず、昨日からの連勝は叶わなかった。マウンドには先発・田中誠(③大阪桐蔭)が9/24の早立戦以来の登板となり、7回1失点5安打6奪三振と力投。続く川端健(①秀岳館)は慶大戦全試合登板となったが、本日は慶大打線を抑えきれず1失点と点差を広げてしまう。

3連覇のかかった慶大が王者の意地を見せた戦いとなり立大戦を制し、勝ち点4とした。