慶應義塾大学 3 - 4 立教大学
勝:中川 敗:髙橋亮
本塁打:/立大・三井 1号(2回)種田 2号(4回)

2本のホームランで主導権を握った立大が、追い上げる慶大を振り切り1勝1敗のタイに持ち込んだ。

立大は2回裏、三井(②大阪桐蔭)の今季1号となるソロホームランで先制。3回表に追いつかれるも4回に4番・種田(④大垣日大)の勝ち越し2ランで得点を重ねる。その後も7回裏に藤野(③川越東)の適時打で追加点を挙げ、そのまま勝利を納めた。

投げては先発・中川(②桐光学園)が6回1失点と安定した投球。9回からは前日に先発した川端(①秀岳館)がマウンドに上がり満塁のピンチを背負うも勝利への執念が勝りリードを守りきった。

敗れた慶大は3回に内田(④三重)の内野ゴロで同点に追いつくと、7回には代打・正木(①慶應高)の適時打などで猛追、9回表にはノーアウト満塁と猛追を見せるもあと1点が遠かった。

本来の試合運びで勝利を収めた立大は連勝で勝ち点奪取を狙う。一方の慶大は3連覇へ向け取りこぼしは避けたいところ。明日は雪辱なるか。