またも接戦を落とした。3回表に四球で走者を出すと、1番・逢澤崚介外野手(文4=関西)が左中間への適時三塁打を放ち先制。しかし、相手の巻き返しにより1-2の惜敗を喫した。2戦1敗1分けで第3回戦に臨む。

▼10・14 早大2回戦
 明大1-2早大○

ルーキーが目立った試合だった。今試合の両先発は、高3次のセンバツでも対戦経験のある竹田祐投手(政経1=履正社)、西垣雅矢(早大)の1年生対決。その竹田は「甘いところが出てしまった」と6回裏に暴投で勝ち越しを許すも、7回2失点とまずまずの投球を披露。「粘りの投球はできている。なんとかゼロに抑えたい」(竹田)。今後の成長に期待がかかる。
一方救援では、髙橋聖人投手(商1=小諸商)が8回裏にリーグ戦初登板。接戦での起用に「しっかり抑えなきゃという緊張が大きかった」(髙橋聖)。しかし、早大で打率トップを維持する檜村篤史(早大)を抑えるなど、0回3分の2を2者凡退と力投してみせた。開幕からベンチ入りを続けている髙橋聖。「期待に応えられるように頑張りたい」と十分な意気込みを見せた。

 とにかく勝ち点を奪取したい。「チーム全員で勝ちにいこうという雰囲気が足りていない」(逢澤)と今後はチーム力が試される。4年生のラストシーズンである今季リーグ戦。チーム全員が軌を一にすることが求められる。

[荒川千那]

試合後のコメント
善波達也監督
--第1回戦に続く投手戦となりました。

「竹田は変化球が多彩で、本当に良い球を持っています。目標はゼロに抑えることだけど、彼の力は出せていたと思います。それよりも問題は打撃だね。西垣(早大)も2番手の早川(隆久・早大)も球速以上に手元に来ている印象で、向こうの思うようにやられました」

西野真也捕手(政経3=浦和学院)
--竹田選手の投球に見えた課題を教えてください。

「初球の入りであったり、決め球が甘くて打たれてしまったので、そこをしっかりバッテリーで反省していきたいです」

逢澤
--チームを見ていて欠けているものはなんですか。

「自分が2年の時の春秋のあの優勝した時も試合には出ていたので分かるんですけど、その時とベンチの雰囲気からもう違いますね。そこから改善しないとやっぱり勝ちはついてこないんだなと」

竹田
--ご家族がいらっしゃっていました。

 「初勝利を見せたかったんですけど、見せることができずに終わってしまったので、また次来てくれた時に勝てるように頑張りたいです」

髙橋聖
--初登板となりましたがいかがでしたか。

「最初は緊張もあったんですけど、内野を守ってくださっている先輩方からの優しい声掛けもあって、捕手の蓮見さんも『楽に来いよ』と言ってくださったので、最終的には楽しく投げることができました。内野の選手にも『思いっきり腕振っていけよ』という言葉をいただいてすごく気持ち良く投げられました」