早大が2対1で明大に勝利。2投手の継投で相手打線を4安打1失点に抑え込み、今カード1勝1分けとした。
 

2番手で4回2安打無失点で勝ち投手となった早大・早川

 

 前日の9回1対1の引き分けから一夜明けての一戦。早大が西垣雅矢(1年・報徳学園)、
明大は竹田祐(1年・履正社)の1年生右腕同士の投げ合いで始まった。序盤2イニングはともに無得点だったが、3回表に明大が2死から竹田が四球で出塁し、1番・逢澤崚介(4年・関西)の左中間を破るタイムリー3塁打で1点を先制。しかし早大もすぐさま反撃し、直後の3回裏に小太刀緒飛(4年・日本文理)が2塁打を放った後に相手エラーで3塁に進み、西垣の内野ゴロの間に1点を奪って同点に追い付いた。

先発して5回2安打1失点と好投した早大・西垣

 次に試合が動いたのは6回裏だった。早大が西岡寿祥(4年・早稲田実)のヒットから2死3塁とすると、5番・岸本朋也(4年・関大北陽)の打席で、ここまで無失点を続けて来た明大・竹田が痛恨の暴投。キャッチャーがボールを後ろに逸らす間に、三塁走者の西岡が本塁に生還して勝ち越しに成功した。

6回裏、早大が相手暴投の間に勝ち越しに成功する

 早大は5回裏の攻撃で「真っ直ぐも変化球も低めに集めて自分の持ち味を出せた」という先発の西垣に代打を送り、6回からは2番手・早川隆久(2年・木更津総合)が登板。今春は左肩痛に悩み、6月上旬までノースローが続いた2年生左腕が、今夏に「やることはやってきた」と徹底した走り込みでトップフォームを取り戻し、「あとは気持ちだけ。この秋のテーマは責任感と強気」と最速149キロのストレートを軸に真っ向勝負で明大打線を封じ込め、1年春以来となるリーグ戦2勝目を挙げた。
 結果的に、先発の西垣が5回を2安打1四球3奪三振での1失点に抑え、2番手の早川は4回を2安打1四球5奪三振での1失点。早大が、今後へ向けても大きな収穫のある1勝を手にした。

■明治大vs早稲田大2回戦
明治大  001 000 000=1
早稲田大 001 001 00X=2
【明】竹田、高橋聖、石毛-西野、蓮見
【早】西垣、早川-岸本

◎早稲田大・高橋広監督
「ピッチャーに尽きますね。打点ゼロですから。西垣は3回に四球から1点取られましたがボール自体は良かった。後の早川も良かった。テンポを速くしてかなり良くなっている。(優勝へ向けては)もう絶対に負けられない。せっかく今日取ったので、明日も頑張ります」

◎早稲田大・西垣雅矢(1年・報徳学園)
「後ろに繋ぐという意識で投げました。上出来かなと思います。真っ直ぐも変化球も低めに集めて自分の持ち味を出せた。1点ぐらいはしょうがないかなと思って、冷静に次の打者を抑えられた。カットボールとフォークが良かったです」

◎早稲田大・早川隆久(2年・木更津総合)
「接戦で、優勝もかかっている試合だったので、1点もあげられないという気持ちで投げました。西垣の作ったいい流れを崩さないように。とにかく0点でという気持ちだった。強気で投げられた。やっと2勝目を挙げられてホッとしています」