2018年夏、スポブル編集部スージーは「自由研究」をスタートさせました。

自由研究のテーマは「オールスポーツ」。「スポーツ」と名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する「編集部スージーの自由研究室」を立ち上げました。スポブルで24時間配信中の本格スポーツニュースの箸休めとして、よろしかったらポチッと遊びに来て頂ければ嬉しいです。

ということで、「編集部スージーの自由研究」第七回目のテーマは、こちら!

 

「パラクライミング・小林幸一郎選手」

小林選手3連覇達成シーン (c)Svtse van slooten-IFSC

世界に誇る日本のパワクライミング界のトップを走り続ける、小林幸一郎選手。

先日、オーストリア・インスブルックで開かれたスポーツクライミングの世界選手権では「パラクライミング」視覚障害・男子B1クラスでは3連覇を達成されました。

「小林選手はやっぱり凄いなぁ」と思っていた矢先、ある日のスポブルオフィスで、小林選手のお名前が!スポブル「クライミング博士」こと編集部ぐっさんから、重要情報をゲット。

 

「スージーさん、パラクライミングの小林選手と明智選手のトップクライマー取材があるんですよね、今度。」

クライミング博士ぐっさん似顔絵(ポリスさん作)

むむ??

 

(ー~ー)日本のトップクライマー対談ですと??

ぐっさん情報、さらっと凄い。。。

 

スージー、行きまーす!!(アムロ、行きまーす風)ってな感じで、ポリスさん率いるスポブル映像チームの撮影にお邪魔させていただくことに。

小林選手(写真左)太田コーチ(右)ストレッチの様子

撮影現場には、すでに小林選手や明智選手がウォーミングアップをしていて、トレーナーの太田さんの姿もありました。

かなりきつそうなウォーミングアップ、、、そっと近くでみていると、、太田トレーナーが一言。

 

「これくらいの負荷やハードさは、当たり前ですね」

 

さらっとカッコイイ!!

なにやら太田トレーナーのお話によると「クライミングは全身を駆使する競技のため、ウォームアップが重要」なのだとか。

例えば、小林選手がこの日に行なっていたウォーミングアップは、肩甲骨を温めている動作だったんですが、ここにもポイントがあるそうで。筋肉に負荷をかけていく時には、あまり複雑でもだめらしく。ハードに見える柔軟体操は、常に日常でやる動作なのだとか。そして、トップクライマーの小林さんにとっては、当たり前のことでもあるそうです。

 

ほえ~(ーー)

 

改めて凄い!太田トレーナーに専門的なお話を伺っていると、小林選手がまさかの一言。

 

「スポーツって、最後は根性みたいなもんで。勝敗を分けるのって、技術とか戦術もそうですけど気合いとかですよね。」

 

!!!(๑╹ω╹๑ )!!!

 

なんとまぁシンプルな精神論、こんな風に気さくに話してくれる小林選手。さすがトップクライマー、と言いますか。図々しくもスージーは、撮影の合間に色んなお話を伺うことに。

そして、小林選手は取材と撮影を終えた後、スポブル編集部にカラフルな1台の自販機を紹介してくれました。

モンキーマジック応援自販機

「モンキーマジック(特定非営利活動法人)」と書かれたカラフルな自販機、撮影場所でお借りしたクライミング施設の入り口に設置されていました。小林選手のお話によると、パラクライミング支援の一環で寄付型の自販機がクライミングジムなどに置かれているそうなのです。

メッセージも記載された自販機は子供やお年寄りにもわかりやすい

この自動販売機で飲み物を購入すると売上の一部がモンキーマジックに寄付されるそう。Jリーグのスタジアムなんかでも、カラフルな応援自販機はよく見かけます、スージーもよく利用しております。

「クライミングの途中で、飲み物が欲しくなったら、ぜひモンキーマジックの寄付型自動販売機でご購入ください!」

このように小林選手ご自身も呼びかけを頻繁に行なっているそうで、「モンキーマジック」のことが分かる公式サイトでも詳しく解説されています。

ちなみに「モンキーマジック(特定非営利活動法人)」の活動は、この自販機だけでなく様々なシーンで毎日行われているもので、パラクライミングは多くの人達の後押しによって成立している側面も。

小林選手も参戦する”フリークライミング"という岩登りの一種を通じて、視覚障害者を始めとする障害者の可能性が大きく広がるそうで。

現役選手としても結果を残し、競技を裏方としても支える活動を積極的に行うアスリート、ありきたりな言葉でしか表現できませんが「凄い!!」の一言でしか思い浮かびません。

編集部スージーの自由研究は、まだまだ続きます。

取材・文/スポブル編集部 スージー

___

スージーのつぶやき:スポブル編集部の映像博士・ポリス田中さんから「デジ(ちっちゃい家庭用ビデオカメラ)の手振れ防止法」を伝授していただきました。なんとカメラを持っている右手と肘を左手でぐっと支えるだけ。秋の運動会シーズンや行楽シーズンの撮影でも活用できそうですね~。

「編集部スージーの自由研究」とは?

テーマを「オールスポーツ」に設定し、毎回スポーツと名前のつく、ヒト、コト、モノ、全てにスポットをあて、独自の視点で時には主観的に分析する研究室。スージーは、東京都渋谷区のスポーツブル編集部に勤務中。現在は「スポブル」内の「地域」「サッカー」ページで、J.LEAGUE関連記事「Jの部屋」取材&コラムを担当中。本名は、鈴木といたって普通の日本人。スージーの由来は遥か昔、FMラジオ局でAD見習い時代に外国人のDJさん達が「スズキ、ニホンゴヤヤコシイ。ユーアー、スージー!」と突如命名されたもの。好きな食べ物は、千葉のパン屋さん「マロンド」さんの「チーズ塩パン」(いらない情報)。

スポブル告知番長スージーから、最新記事公開情報のお知らせです。

パラクライマー小林選手と若手クライマー楢崎明智選手のコラボレーション映像が「スポブル」内の「クライミングTV」で※10月19日(金)お昼頃公開※されます。現在動画製作中とのことで、こちらもどうぞお楽しみに(^^)

※記事公開日時は変更になる可能性があります

小林選手&楢崎明智選手コラボレーション動画「スポブル」内「クライミングTV」公開予定 写真左から太田コーチ、小林選手、明智選手