COLLEGE MONSTERS

大学というステージで、勉強とスポーツの両立を目指し、日々切磋琢磨する学生アスリートの素顔を紹介するインタビュー企画です。CATが注目する学生アスリートの魅力を深掘りしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前:上田果歩(うえだ・かほ)
身長/体重:168cm
所属:明治大学フェンシング部
出身高校:伊那北高校

この競技を始めたきっかけを教えてください。
知人に誘われて見学に行ったところ、スピード感や初めて見る剣に興味を持ち、競技を始めました。

この競技の好きなところを教えてください。
短い時間の中で相手の特徴をつかみ、戦術を練るところです。
駆け引きが多く、見ていてもプレーをしていても面白い競技です。

将来の夢を教えてください。
春から社会人になりますが、仕事を通して日本だけでなく世界の人とつながりたいです。

一問一答

スポーツ以外に夢中なことは何ですか?
小さい時から本を読むことが好きです。
最近はフェンシングをしていない時は研究室にいることが多いです。

好きな言葉は何ですか?
"Where there is a will, there is a way."
中学校の時の担任の先生が言っていた言葉で、当時は良さがあまり分からなかったのですが、卒業後も競技を続ける中で弱った時にこの言葉が背中を押してくれました。

得意な科目は何ですか?
大学では生理学という授業が1番好きです。
ホルモンや臓器の構造や働きを知ることで、生命現象について普段の経験と知識が結びつき、楽しいと感じる授業です。

最近、ブルッたことは何ですか?
平昌オリンピックに感動しました。
特に同じ長野県出身の小平奈緒さんが金メダルを獲得した時はすごく感動しました。

小学生の頃の夢は何でしたか?
人の役に立つ仕事がしたいと思い、医療系の職業に就きたいと思っていました。

あなたが尊敬する人は誰ですか? 
弟を尊敬しています。
間違っていることは間違っていると言うことができて、人のことを素直に認めることができるところを尊敬しています。また、自分の考えを常にしっかりと持っているところも見習いたいと思います。

夢に向かって日頃から心がけていることは何ですか?
壁にぶつかってもすぐに下を向かないことと、一つのやり方に固執せず常に工夫することを心掛けています。

あなたが思う大学スポーツの魅力は何だと思いますか?
大学スポーツの魅力は、同じ競技だけでなく大学の体育会全体でチームになれるところだと思います。