勝ち点0で並ぶ明治大学との2回戦、9点差で敗れた1回戦から建て直しを図りたい一戦は先発した有坂(4年/城北)が圧巻の投球を見せた。
初回にピンチを背負い1点を先制されるが、後続は断ち最小失点で切り抜ける。3回には1死1,3塁、4回にも2死1,3塁と得点圏に走者を背負う展開となったが、捕手・三鍋(4年/川和)のリードも冴えピンチを凌ぐ。5回以降は外野に打球を飛ばした打球はわずか1本と、危なげない投球で9回まで1失点で投げきった。
援護したい打線は走者こそ出すも得点できない攻撃が続いていたが、相手が継投に出た7回。先頭の石元(2年/桐朋)がボールを見極め出塁、有坂の犠打で1死2塁のチャンスを作ると、代打・武隈(2年/鶴丸)が右中間に運び同点タイムリー二塁打を放ち試合を振り出しに戻す。その後は継投に出た明大投手陣から追加点を奪えず、引き分けに終わった。昨年秋以来となる3回戦に今季初勝利をかける。