秋季リーグ戦も4週目までが終了し、第5週東大はお互い勝ち点0のまま迎えた明治大学とのカードとなった。

ここ2試合完封負けが続き、何としても先取点を取りたい東大は初回、宇佐美舜(4年/桐朋)、辻居(3年/栄光学園)の連打でチャンスを作ると、4番の三鍋(4年/川和)が自身初本塁打を右翼席に叩きこみ、いきなり3点の先制に成功する。先発の小林大(3年/横浜翠嵐)は3回までテンポ良く無失点に抑えるも、東大打線も2回以降、立ち直った相手先発に押さえ込まれ、徐々に流れが相手にむき出した。そして迎えた4回、先頭に四球、次打者の打球を味方が失策し、流
れを明大に引き渡してしまうと、打者12人一挙8点の猛攻を浴び、今シーズンの課題であるビックイニングをまたしても作られ5点のリードを許してしまった。その後も打線は反撃の糸口をつかめず、リリーフも失点。3ランホームランを放ち幕をあけた試合も蓋をあけてみれば9点差をつけられての大敗となった。 明日の第2戦でタイに持ち込み、順位争いに希望をつなげたい。