法政大学 8 - 9x 慶應義塾大学
勝:木澤 敗:朝山
本塁打:法大・向山 2号(3回)中山 3号(7回)川口凌 1号(11回)/ 慶大・中村 4号(2回)内田 1号(3回)

壮絶な打撃戦となったカード第3戦を慶大が制し、貴重な3つ目の勝ち点を手にした。

慶大は1回裏に4番・郡司(③仙台育英)の適時打で先制。2回には中村(③中京大中京)の2ラン本塁打で追加点を挙げ序盤から試合の主導権を握った。

しかし3回表、法大の主将・向山(④法政二)の逆転満塁本塁打ですぐさま形勢逆転。さらに相手のミスで1点を追加しこの回5点を挙げた。

慶大も負けじと3回裏に内田(④三重)の本塁打、4回裏には渡部(①桐光学園)の適時打で同点に追いつき、5回には代打・植田将(③慶應)の適時打で勝ち越しに成功する。

対する法大は7回、4番・中山(④履正社)の豪快な本塁打でまたもや同点に追いつく。

8回裏の塁上のプレーを巡り慶應が抗議すると判定が覆った。それに異を唱えた法政だったが判定は変わらず、1アウト満塁での再開となったが、法大の2番手・菅野(④小高工)が魂の投球で無失点に切り抜けた。

試合は延長戦へ突入。11回表、法大・川口凌(④横浜)が勝ち越し2ラン本塁打を放った。しかしその裏、あと1球で試合終了というところから慶大・大平(④鎌倉学園)の執念の2点適時打でまたもや同点となる。

ルール上最終回となった12回裏、慶大の代打・長谷川晴(④八代)のサヨナラ内野安打で4時間45分の大接戦に幕を下ろした。

慶大は残り2カードも勝ち続け首位の座を守り抜きたい。法大は次週は勝ち点を奪い再び同率首位に立ちたいところだ。