慶應義塾大学 7-3 明治大学
勝: 高橋佑 敗: 森下暢
本塁打:慶大・嶋田 2号(5回)/明大・越智 1号(6回)

 

両者1勝1敗で迎えた3回戦は、慶大が勝利をおさめ、3連覇に向けて勝ち点を2と伸ばした。

先発投手は、慶大が初戦好投の高橋佑(③川越東)、明大は今季初先発の伊勢(③九州学院)。慶大は打撃絶好調の中村(③中京大中京)が昨秋の慶明1回戦以来のリードオフマンに指名する。対する明大は昨日3安打2打点の平塚(④春日部共栄)をこの試合も4番で起用、逢澤(④関西)・越智(④丹原)がスタメンに復帰する。

先手を奪ったのは慶大。2回表1死1・2塁から1番中村が、早くも今季11打点目となるタイムリーヒットを放つ。対する明大は3回裏1死満塁から平塚が同点タイムリー!慶大・柳町(③慶應)ー内田(④三重)ー郡司(③仙台育英)の連係プレーで2塁走者・渡辺佳(④横浜)の生還を許さない。

そして5回から、明大は昨日力投の森下暢(③大分商)がマウンドに上がる。ところが、柳町・郡司の連打で無死1・3塁といきなりピンチを迎える。先ほど好返球で刺殺をした内田が1塁戦に痛烈なタイムリーヒットを放ち、1回戦でホームランを放った嶋田(②樹徳)の3ランホームランと続く。慶大は4連打で一挙4得点、明大・森下暢は1死も取れずにまさかの降板となる。

続く6回表には、昨日まで14打数2安打となかなか波に乗れない郡司がしぶとくセンター前に運び、今日2安打目で今季初打点。続く内田の犠飛でさらに1点を追加し6点にリードが広がる。

なんとか反撃の糸口を探りたい明大はその裏、2死からヘッドスライディングで内野安打をもぎとった北本(③二松學舍大附)を1塁に置き、今日スタメン復帰の越智(④丹原)が豪快な2ランホームランをレフトスタンドに放り込む。得点差は4点へと縮める。

明大は8回裏に渡辺佳・逢澤の連打で再び無死1・2塁のチャンスを作るも、平塚が痛恨のダブルプレー。北本も倒れ追加点につながらない。9回は慶大・高橋亮(③慶應湘南藤沢)がマウンドに上がり、明大打線は三者凡退に終わりゲームセット。

慶大が3連覇に大きく近づく2カード連続の勝ち点獲得で、勝ち点を2と伸ばし法大と並ぶ。一方の明大は2カード終了でまさかの勝ち点0。4季ぶりの優勝が遠のく、ダメージの大きい敗戦となった。