1点を争う接戦の末、慶大が2対1で明大に逆転勝ち。カード初戦を奪った。

 46年ぶりの3連覇を目指す慶大は、東大に連勝して勝ち点を挙げた後、空き週を経て迎えた一戦。対する明大は、前週で法大相手に1分け2敗で勝ち点を落とし、再スタートを図る一戦。先発マウンドには、慶大が髙橋佑樹(3年・川越東)、明大は竹田祐(1年・履正社)が上がり、この2人がともに好投を見せて投手戦を展開した。
 その中で試合は動く。2回裏、明大が5番・北本一樹(3年・二松学舎大附)の自身リーグ戦3本目のヒットが自身リーグ戦初本塁打なって1点を先制。1点差のまま5回を終えたが、6回表に慶大が4番の郡司裕也(3年・仙台育英)がバットを折りながらの内野安打から2死2塁として、7番・中村健人(3年・中京大中京)が右中間へ同点タイムリー。1対1で終盤戦に突入した。

 迎えた8回裏、明大が1死1、3塁の絶好機を得たが、慶大・髙橋佑が「とにかくキャッチャーミットに向かっていいボールを」と3番・逢澤崚介(4年・関西)、4番・越智達矢(4年・丹原)をともにファウルフライに仕留めて無得点。そしてピンチを脱した直後の9回表、慶大の6番・嶋田翔(2年・樹徳)が「変化球を狙っていた」と明大2番手・入江大生(2年・作新学院)のスライダーを捉えて、「上がり過ぎかなと思ったんですけど入ってくれて良かった」とレフトスタンドへ。自身リーグ戦通算2本目となる一発で勝ち越しに成功した。

9回表、慶大の嶋田が決勝弾を放つ

 

 昨秋以来の先発登板となった慶大・髙橋佑は、自己最長の8回を投げて「ムチャクチャ疲れました」と苦笑いも、計100球で4安打1失点に抑える好投。接戦を制した手応えを手に「3連覇を考えるよりも、まずは今季優勝すること」とキッパリ。嶋田も「今日1勝しただけ。しっかりと明日の試合に向けて準備をしたい」と気合を入れ直していた。

8回4安打1失点の好投を見せた慶大・髙橋佑

■慶應義塾大vs明治大1回戦
慶應義塾大 000 001 001=2
明治大   010 000 000=1
【慶】○髙橋佑、髙橋亮-郡司
【明】竹田、●入江、石毛、髙橋裕-西野
本塁打:慶應義塾大・嶋田《9回ソロ》、明治大・北本《2回ソロ》

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「(髙橋佑は)上出来ですね。苦しい戦いでしたが、投手陣全体として東大戦を5とすると7ぐらいまで上がってきた。ここからどんどん良くなることを期待しています。(決勝弾の)嶋田は、あれが彼の魅力の部分。努力家だし、めげないし、こういうことがあるから使いたくなる。(同点打の)中村もよく打った」

◎慶應義塾大・嶋田翔(2年・樹徳)
「ピンチを抑えた後だったので、何とか塁に出るつもりで打席に入った。上がり過ぎかなと思ったんですけど入ってくれて良かった。変化球が弱点だったけど、ちょっとずつ練習の成果が出て来たのかなと思います。今日1勝しただけ。明日勝たないと意味がない。しっかりと明日の試合へ向けて準備したい」

◎慶應義塾大・髙橋佑樹(3年・川越東)
「先発が久しぶりで試合の入りが難しかった。ブルペンでも調子が悪かったんですけど、試合は別物だと思って、中継ぎと同じ気持ちで投げた。ムチャクチャ疲れました」