硬式野球部(東京六大学野球)は9月17日、立教大学との2回戦を戦い、1-7で敗れた。東大は初回に辻居新平選手(法・3年)の中前打で先制するも、三回に同点に追い付かれる。前半は粘投を続けた有坂望投手(育・4年)だが終盤に崩れ、五回〜八回には小刻みに失点し、力の差を見せつけられた。東大は9月29日午後1時半ごろから、今季初勝利をかけて早稲田大学との試合に臨む。

 

立大|001011310|7
東大|100000000|1

 

続きを読む(外部サイトへ)