<プロフィール>
・名前:須永みはる(すなが・みはる)
・所属:立命館大学文学部
・出身高校:桂高校
・自身のスポーツ歴:中学バレーボール部、高校なし

<一問一答>

①何故、大学で新聞会(新聞部)に入ろうと思ったのですか?

友人の誘いで入部を考えました。もともと野球が好きで、その取材がしたいと思ったのがきっかけです。次第に取材を通じてたくさんの人と知り合える立スポに魅力を感じて入部を決意しました。

②今までの取材活動を通じて一番楽しいと感じたのはどんな時ですか?

自分が取材している選手やチームが勝って喜んでいるときが一番嬉しい瞬間です。調子のいい時だけでなく、悪い時も一番近くで応援し、チームが成長する瞬間を、自分の写真や記事を通して、他の人に知ってもらえるのがとても嬉しいです。その中でも、取材を通して選手と仲良くなること、選手とプレスという関係を超えた友人として応援できることが一番楽しいな、と感じます。「取材に来てほしい!」と言ってもらえることが何よりも嬉しいし、励みになる一言です。

③取材していて、ハマった競技はなんですか?

カヌー、ボート、ラグビー、ソフトボール、サッカーなど。取材した部活は基本ハマります(笑)普段あまりスポーツ観戦しないのでどの競技も新鮮で面白いです!特に単純にスピードを競うカヌーやボートは見ていて爽快です。反対に、ラグビーは全くの初心者だったのでとても難しかったですが、ルールがわかるようになると、ゲームが格段に面白くなって一気にハマりました。

④CAT事業を通じて、学生アスリートのどんな一面を見て欲しいですか?

普段の何気ない一面と本気でスポーツに打ち込んでいる両方を見てほしいです。どちらかは選べません!(笑)普段一緒に授業を受けている友達が、実は日本や世界を舞台に活躍していることを知ってほしいです。CAT事業通して私生活と競技面の両方を知ってもらうことで、一人でも多くの体育会の選手に親近感を持ってもらい、応援しあえるきっかけになればいいなと思います。

⑤あなたが思う大学スポーツの魅力はなんだと思いますか?

部ごとに色々な人がいて、色んな雰囲気の部活があって、個性豊かなところだと思います。それぞれ性格や価値観の異なった人たちが集まって、「日本一」「学生一」を目指している。中学や高校から競技を始めた人、大学に入ってから競技を始めた人、色んな人が影響し合い、刺激し合いながら強くなれるのが大学スポーツの魅力だと思います。

(取材日:2018年8月31日)