立大に先勝を許して迎えた2回戦、先発は昨日の試合で逆転を許す悔しい投球内容となった有坂(4年/城北)。初回、走者を許すも無失点に抑えるまずまずの立ち上がりを見せると、その裏、先頭の笠原(2年/湘南)が二塁打で出塁すると、打撃好調の3番辻居(3年/栄光学園)が適時打を放ち幸先良く先制する。

しかし、その後は走者を出すも得点に結びつかず、逆に立大打線の反撃を受ける。3回に三塁打と犠飛で同点に追いつかれると、5回、6回にそれぞれ満塁のピンチを背負う。ここは有坂がなんとか1失点ずつに食い止めるも、ジリジリ点差を広げられる。しかし7回には2本の三塁打などで3点、8回にもリリーフした小林大(3年/横浜翠嵐)が1点を失い6点差に。

打線も初回以降得点を挙げられず力負けを喫した。