◆平成30年度東京六大学野球秋季リーグ戦◆ 9月16日 対東大1回戦 明治神宮野球場

■立教大vs東京大2回戦
東京大 000 020 000=2
立教大 100 000 07×=8
【東】小林大、●有坂、宮本-三鍋
【立】田中誠、〇中川-藤野

待ちに待った六大学野球が開幕し、立大は初戦の東大1回戦で逆転勝ちを収めた。1点を追う8回、種田(営4=大垣日大)の同点ソロを皮切りに、打者一巡の猛攻で7得点し、そのまま逃げ切った。4季連続開幕投手を務めた田中誠(コ3=大阪桐蔭)は7回2失点と粘ったが、勝ち負けはつかなかった。

種田が6イニング連続無得点の沈黙を破った。8回、東大・有坂(4年)の代わり端をとらえた。1-1で迎えた3球目、甘く入った球を右翼席へ運び去った。「入ると思っていなかったので嬉しかった」と同点本塁打の喜びを素直に表現した。初回には右前打で出塁し、先制のホームを踏んだ。猛打賞で1番打者の仕事を果たし、チームの開幕勝利に貢献した。

キーパーソンは種田だけではなかった。夏季オープン戦から頭角を現し始めていた伊藤智(コ2=高田)だ。8回、藤野(営3=川越東)が敬遠され、満塁のチャンスで打席が回った。緊張はない。良い流れに乗るだけだった。初球のスライダーを見事に捉えると、右中間を破り三塁打とした。「あそこで1本打てたのはチームとしても個人としても1歩成長できた」と白い歯をみせた。

初回以降は6イニング連続無得点だったが、8回に種田の本塁打で流れが一変。打者一巡の猛攻で一挙7点を奪った。これにより東大を完全に突き放し、リーグ戦初戦を白星で飾った。劣勢を打撃陣の奮起で振り払ったことは、自信につながるだろう。
(9月16日・川合晟生)

◆コメント◆

先制打を放った三井#3

「春季リーグ戦では1本しか安打を打てていなくて、あとは全部完璧に抑えられていたので、なんとか打ってやろうという気持ちで打席に入りました。それで先制打を打てたというのはよかったです。 明日も勝ってこのカードを決めたいと思っているので、頑張ります。」

三塁打を含むマルチ安打を放った伊藤智#37

8回1死、右中間に適時三塁打を放った伊藤智(左)。マルチ安打の活躍を見せた。

「8回の三塁打はスライダーを打ちました。狙っていたというよりは、初球からいこうと思ってたので、それが良い結果に繋がって良かったと思います。あの一打はチームとしても自分としても一歩成長できた部分だと思っています。明日は入りから100%でいけるように頑張ります!」

2イニングを無失点に抑え、勝利投手となった中川#15

「チームとしても流れが悪い状況で、自分がなんとか変えようと思ったんですけど、東大もすごくバッティングが良くて、そんなに簡単には抑えられなくて。でも、結果的には流れを持ってくることが出来たので、よかったかなと思います。今日は完璧に抑えることが出来なかったので、明日は無安打で抑えられるように頑張りたいと思います。」

主将・松﨑#10

「小さい頃から野球をやってきた中で、いろんな大会の初戦がありましたが、(今日の試合は)入りが難しいと痛感した試合でした。守備は良かったですが、バッティングにしても、誠也にしても、シートノックからミスがあって、浮き足立っているような、全体的にドタバタしているような印象でした。開幕でのスタートダッシュは大事なので、絶対に2連勝して、来週の早稲田戦以降の戦いにも向かっていければと思います。」