前日の雨天中止により本日に持ち越しとなった立教大学1回戦。相手にとっては開幕試合であり、勢いで勝る東大は取っておきたい試合である。

先発の小林大(3年/横浜翠嵐)は初回こそ4番に適時打を食らい1点を失うも、その後は緩急織り交ぜて立大打線を寄せ付けない。

援護したい打線は4回、三鍋(4年/川和)、岡(2年/小倉)の連打でチャンスを作る。この回は得点ならずも相手攻略の糸口を見出すと、続く5回、9番の宇佐美舜(4年/桐朋)が四球で出塁し上位に回すと、1番の笠原(2年/湘南)が左翼席に2ラン本塁打を放ち逆転に成功する。

その後は両投手が力投し、7回終わって2-1で東大がリード。今季初勝利まであとアウト6つとなったが、両チームが継投に出た8回に試合が動く。表の東大の攻撃では、先頭の辻居(3年/栄光学園)がこの日3本目となる安打で出塁する。盗塁で二塁に進み、代打梅山(2年/四日市)の安打で本塁をついたがアウト。

その裏、東大も継投に出たが、6安打7得点の猛攻をうけ万事休す。痛い逆転負けで初戦を落とした。