3連覇にむけて弾みをつけるためにも大事な開幕戦。初回から東大に3ランで先制され、慶大にとって苦しい展開となった。3回から右翼手として出場した中村健人(環3・中京大中京)の初打席は、その裏慶大が逆転に成功しチームが勢いづいた場面で回ってきた。2死一塁、2ボール1ストライクで迎えた4球目。「思い切って振れた」という打球は、バックスクリーン横に飛び込んだ。点差を広げる貴重な2点が慶大にもたらされた。

リーグ戦初本塁打が飛び出した

特に守備に定評がある中村は、昨年からリーグ戦に出場していた経験を生かし、今春の開幕からスタメンで活躍した。しかし、正木智也(政1・慶應)、渡部遼人(環1・桐光学園)らルーキーの登場により、慶大外野手陣はその座をめぐって激しい競争を繰り広げることになる。中村はリーグ戦後半は思うような成績を残せず、全日本大学野球選手権大会ではついに出場の機会に恵まれなかった。

打撃に磨きをかけレギュラー再奪取を目指す

しい思いをした昨季を乗り越えて、今回途中出場ながらもリーグ戦初となるホームランを打ち、チャンスを見事ものにしてみせた中村。存在感を示し、今後の活躍への期待を高まらせた。春は達成できなかった悲願の完全優勝、そして日本一に向けて、打撃強化の夏を経て一回り大きくなった中村に注目だ。

(記事・小嶋華)

◆インタビュー

--今日の試合を振り返って
やっぱり神宮独特の、リーグ戦独特の雰囲気に自分たちも思うようにいかないことばかりだったのですが、何とか粘れたかなと思います。

 

--最初の打席で本塁打を放ちました
思い切って振れた結果が、風にも乗ってくれて、1番良い形になってくれたかなと思います。

 

--春を振り返って
チームとしても最後ワセダに勝ち点を落としてしまいましたし、自分としても最後なかなか貢献できなかった部分があったので、その悔しさを秋につなげられたらと思います。

 

--夏に意識したこと
キャンプを通して強く振ること、速い打球を打つこと、遠くに飛ばすことをテーマに取り組みました。

 

--どんな気持ちで今日を迎えたか
大事な初戦でしたし、難しさがあることもわかっていた中で、自分たちのできることを最大限やっていこうという心持ちで臨みました。

 

--今シーズンの意気込み
この先どういう形になるかはまだわからないですが、自分が与えられた場面、役割を自分なりに1番良い形で表現できたらいいなと、そのために練習したいなと思います。