法政大学 5 - 4 早稲田大学
勝:石川 敗:今西
本塁打:法大・宇草1号(11回)/早大・檜村1号(2回)

連日の延長戦を制した法政が3年ぶりの開幕カード勝ち点を挙げた。

早大は2回裏に檜村(③木更津総合)のレフトポール直撃の2点本塁打で先制。6回裏には加藤(③早稲田実業)の犠牲フライでさらに1点を追加し試合を有利に進めた。

対する法大は相手先発・小島(④浦和学院)に7回を無失点に抑えられていたが、8回表に中山(④履正社)、中村(④多良木)、川口(④横浜)の3者連続適時打で一気に逆転に成功する。

しかし土壇場9回裏2死から檜村が同点適時打を放ち試合の行方は延長戦へ。

そして延長11回表、宇草(③常総学院)がライトへの勝ち越しソロ本塁打を放ち勝負を決めた。

接戦を制した法大はこの勢いで勝利を積み重ねていきたい。一方の早大は次週こそ勝ち点をあげたいところだ。