東京六大学野球秋季リーグ戦 第1週 早大2回戦
2018年9月9日(日)
神宮球場
昨日から一転、早大2回戦は試合開始早々に先制を許す展開となった。しかし、その後の2回裏と4回裏に相馬優人(営3)と宇草孔基(営3)の3年生コンビがそれぞれ適時打を放ち逆転。先発の高田孝一(法2)も7回まで好投を見せ、このまま連勝かと思われた8回の早大の攻撃時。一塁手の中山翔太(人4)のまさかの失策などで同点にされると、そのまま延長戦へ。抑えで登板した菅野秀哉(キャ4)も粘り切れず3点を追加される。その裏の向山基生(営4)の2点本塁打による追い上げも虚しく、痛い敗戦となった。

戦評

開幕戦を白星で飾った法大。2回戦も勝って6季ぶりに開幕カードで『勝ち点1』を取りたいところだったが、終盤の失策が響き延長戦の末に敗北した。

連勝して勝ち点を取りたかった今日の試合。先発を任されたのは夏季オープン戦での好調が目立った高田孝一(法2)だ。

先発した高田

 だが1回表、立ち上がりから早大打線につかまる。早大の1番・福岡高輝に左中間への二塁打、続く打者の犠打で走者を進めると、昨日本塁打を打った3番瀧澤虎太郎に犠飛を決められ先制される。追い付きたい法大は、その裏は得点ならずも、2回裏。6番の中村浩人(営4)、7番川口凌(人4)の連続安打から8番相馬優人(営3) の適時二塁打で逆転に成功する。さらに、4回裏にも好機を作り9番・高田の内野ゴロ、1番・宇草孔基(営3)の適時三塁打で2点を追加した。

 先制点を許した高田だったが、その後は直球と変化球を上手く投げ分け、7回まで早大打線をわずか4安打に抑えるテンポの良い投球を見せる。ところが8回表、早大に連続安打と四球により1死満塁とされた後の3番瀧澤の打席。打ち取ったかに見えた一塁へのゴロを、一塁手中山翔太(人4)が痛恨の失策。これにより1点差まで追い上げられ、続く4番・加藤雅樹に同点となる犠飛を許す。なんとか勝ち越したい法大だったが好機を生かせずそのまま延長戦へ。

 11回表、9回から登板した菅野秀哉(キャ4)がピンチを招き、8番・檜村篤史に適時二塁打、代わった石川達也(キャ2)も1番福岡に適時三塁打を許し、この回3点を勝ち越され、これが決勝点。11回裏には3番向山基生(営4)の2点本塁打で一矢報いるが、最後は4番中山が見逃し三振に倒れて試合終了となった。

 終盤まで主導権を握っていた試合での敗戦。失策も大きかったが、『残塁10』という数字や中継ぎ陣の不安定さも敗因の1つと言えるだろう。だが、早大との勝負はまだ終わってない。気持ちを切り替え、明日の試合で勝利をつかむ。『勝ち点1』は目の前だ。(鈴木滉平)

クローズアップ:宇草孔基

 「法政の1番バッターとして、相手が嫌だなと思う1番になりたい」。そう力強く答えたのは宇草孔基(営3)だ。

 昨日、今日と1番左翼手でスタメン出場を果たした宇草。1点を先制された1回裏は、「積極的に打ちにいく」と初球、強いライナー性の当たりを中前へ放ちチームを勢いづける。さらに4回には、2死二塁のチャンスで打席が回る。前打席のチャンスで打てなかった宇草は、「絶対にここでランナーを還す」と意気込んで打席に入り、右翼線への力強い三塁打で打点を挙げた。

 そんな宇草だが、けがもあり試合に出られない苦しい時期が続いた。しかし、その時期が彼を気持ちの面で大きく変える転機となる。高校の頃にU-18日本代表に選ばれるほどの実力派であったが、レベルの高い大学野球の世界では通用しない部分が出てきた。その中で、気持ちの切り替えや持ちようが大事だと気付く。そうして精神面で一回り成長を遂げた宇草は、昨季明大戦でスタメン出場。その後、オープン戦を積み重ね着実に力をつけ今季を迎えた。

 激しい外野手スタメン争いの中で、つかみ取った開幕戦2試合。しかし、宇草は満足せず今後に向け自らを奮い立たせる。「今の現状におごることなく、気持ちの面で絶対に負けないで、法政の1番打者としてどんどん塁に出て勢いづける役割を果たしたい」。高校時代とは一味違う、そんな彼が12季ぶりの優勝に向け、チームを率いるリードオフマンとなれるのか。法大優勝の鍵を握る人物であることは間違いない。(吉田あゆみ)

選手コメント

向山 基生 主将

-今日の試合を振り返って
逆転するところまでは良かったんですけど、最後粘りきれずに勝負どころで打てなかったということが反省点だと思います。

-試合前のチームの状態は
昨日も良い勝ち方をしたので、すごく良い入り方ができていたと思います。

-11回に2ランを放ちました
1個前の打席で9回に回ってきたので、あそこで打ちたかったですね。

-8回の一塁の失策について
今はエラーを責めても仕方ないので、その分カバーして全員で明日勝てればなと思います。

-10残塁という結果については
勝負どころのワンスイング(が出ていないということ)ですね。残塁があるということをヒットも出てると、ポジティブに捉えて明日頑張りたいです。

-明日に向けてどう立て直していくか
技術に関しては1日ではなかなか上がらないと思うので、帰ってから(試合内容を)反省して、死ぬ気で戦いたいと思います。

-明日の試合の意気込み
絶対勝ちたいと思います。

宇草 孔基 外野手

-今日の試合を振り返って
良い形で中盤まで来たのですが、あそこで同点に追いつかれてから勝ちきれないというところが悔しい形になりました。しかし、明日に向けて気持ちの方は切り替わっているので、明日は絶対に勝ちたいですね。

-1打席目は初球から打ちにいきました
向こう(早大)も先頭が良い形で出て、良い形で先制されたので、僕もやっぱり1番バッターとしてチームを勢いづけられるように、守りに入らず積極的に打っていこうという結果がヒットにつながったので良かったと思います。

-4回に三塁打で打点をあげました
前の打席、1死三塁で打点をあげられなかったのも悔しかったですし、『チャンスで1本の執念』ということをこの春終わってから課題としてチーム全体でやって来たので、そこは絶対にランナーを返すという気持ちで打ちました。

-昨日白星をあげた上で臨んだ今日の試合は
みんなで絶対開幕戦を取るという気持ちでやって良い形で入れたので、今日も緩めずに絶対に入ってやるということで、入りは良かったと思います。しかし、最後勝ちきれなかったので(悔しい)。入りとしてはチームとしての雰囲気も良いので、それを継続して全員で試合に向かって入っていきたいと思います。

-明日の試合に向けて
チーム全体で絶対に勝ちます!

相馬 優人 内野手

-今日の試合を振り返って
昨日に続いていい形で点を取って逆転することができ、先制はされたんですけど、(序盤は)チームもいい感じでした。その中でミスが続き、絶対に勝たなくてはならないこの試合を落としてしまったことに関しては、本当に悔いが残ります。

-その中での猛打賞ですが、バッティングの調子は
今いい感じに調整ができていると思うので、これを明日も維持できればと思います。

-相手先発投手、西垣(雅矢)選手の印象は
これまであまり対戦がなかったのですが、フォークが良く、コントロールも勢いもあって、本当にいい投手というイメージがありました。でもそんな中で、自分も向かっていけたかなと思います。ヒットも打ててよかったです。

-明日、チームの勝利のためにどのような役割を担っていく
バッティングもそうですが、特に守備は絶対にミスをしないで、セカンドに来たら、確実に『相馬なら大丈夫だ』と思われるような守備をしたいです。バッティングはチャンスで回ってくることが多いので、しっかりランナーを還したり、ランナーがいない時は自分からチャンスを作ったりしていきたいですね。

-明日の試合に向けて
絶対に負けられないので、総力戦で、何としてでも勝ち点を取れるように頑張ります。

高田 孝一 投手

–今日の試合を振り返って
初回に先制点を許してしまったんですけど、2回以降はいい形で投げられたので良かったです。8回に満塁にしてしまったことが反省だと思うので、気持ちの面でも技術の面でも乗り越えていきたいと思います。

–立ち上がりに失点を許してしまいましたが、試合の入りはどうでしたか
ボールは悪くなかったですし、1点で抑えられたのでそれほど悪くなかったと思います。

–三振も多く奪えていましたが、投球で工夫した点は
投球のテンポを上げて自分の間合いで投げられたのが良かったと思います。

–8回のマウンドにも上がり、完投も視野にあったと思いますが
ピンチになって力が入ってしまったのが反省点だと思います。

–チームは逆転負けを喫しました
みんな悔しい思いをしているので、明日勝って雰囲気も盛り上げていきたいです。

–最後に明日への意気込みをお願いします
総力戦で、何が何でも最初の勝ち点1を取りにいきたいと思います。

フォトギャラリー

2回に安打を放った中村浩
一時逆転となる適時二塁打を放った相馬
一塁からの激走を見せ、本塁に滑り込んだ川口凌
2番手で登板した朝山
途中交代の小林は、好機を演出する二塁打を含む2安打
粘り切れず負け投手となった菅野
延長の11回に本塁打を放ち意地を見せた向山
2連勝とはならず、悔しい挨拶となった