早稲田大学 7 - 6 法政大学
勝:今西 敗:菅野
本塁打:法大・向山 1号(11回)

春季リーグ5位に終わり雪辱に燃える法大が、自慢の打線と1年生投手の初完投で秋季リーグ初戦を見事勝利で納めた後に続く第2戦。両チームの先発は早大が春季リーグでリリーフ初勝利を挙げ、今日がリーグ戦初先発となる西垣(①報徳学園)、法大は春季リーグで2勝を挙げた高田(②平塚学園)。法大の連勝となるか、早大が巻き返して第3戦に持ち込めるか。若い両投手をどのように攻略するかがこの試合のカギとなる。

早大は初回、秋季リーグから1番を務める福岡(③川越東)がタイムリー2ベースで出塁し犠打で3塁に進むと、3番瀧澤(②山梨学院)の犠飛で試合開始直後に効率よく先取点をあげる。

法大は好調な打線が早くも2回に西垣を捕まえる。6番中村浩(④多良木)、7番川口凌(④横浜)の連打で無死1・2塁としたところ、8番相馬(③健大高崎)の左中間を破るタイムリー2ベースで一気に逆転する。

その後も法政は4回裏1死1・3塁から9番高田のピッチャーゴロの間に1点、そして1番宇草(③常総学院)のタイムリー3ベースでさらに1点を追加し、リードを3点に広げ、連勝に向けての準備は整う。

好投を続ける高田を捕まえられない早大打線は7回1死満塁から3番瀧澤(②山梨学院)のファーストへのあたりが中山(④履正社)のエラーを誘い2点を返すと、4番加藤(③早稲田実業)の犠牲フライで3点差を追いつき試合は振り出しに戻る。

両チームともリリーフ陣が踏ん張り、試合は延長戦に。11回表に早大は法大のエース菅野(④小高工)を攻め、檜村(③木更津総合)のレフトフェンス直撃のタイムリー2ベースでついに逆転、代わった石川(②横浜)から1番福岡が右中間へのタイムリー3ベースでさらに2点を加え、リードを3点とする。

11回裏には早大エース小島(④浦和学院)が昨日に続き登板。3番向山(④法政二)に2ランホームランを浴びるものの、最後のバッター中山をクロスファイアで仕留めゲームセット。早大にとっては第3戦につなぐ貴重な白星となった。