慶應義塾大学に先勝を許し迎えた2回戦は、中盤以降に失点を重ね6点差をつけられての敗戦となり、勝ち点を献上した。

東大は先発の有坂(4年/城北)が5回まで1失点の好投で試合を作った。失点した3回には裏の攻撃で山下朋(3年/東海)の安打を皮切りに最後は相手のボークを誘って同点に追いつくなど、拮抗した展開で前半戦を終えた。

しかし、グラウンド整備を挟んだ6回、試合の流れが一変する。有坂が連打で失点すると継投に出るもリリーフ陣も打ち込まれ、この回打者一巡、7安打6得点の猛攻を浴びる。しかし、東大打線も食い下がる。その裏、同じく継投に出た慶應投手陣を攻め立て、辻居(3年/栄光学園)の適時打、青山(3年/広島学院)の適時二塁打で3点を返し3点差に。ところが、直後の7回に1失点、9回には本塁打で2点を浴び失点は二桁10点に。

中盤以降リリーフ陣が踏ん張りきれず、6点差をつけられての敗戦となった。