慶應義塾大学 10 - 4 東京大学
勝:森田晃 敗:有坂
本塁打:慶大・中村 2号(9回)

6回に慶大が一挙6得点のビッグイニング。しぶとく粘る東大の追撃をふりきり連勝。3連覇に向けてまずは勝ち点1を獲得した。

両チームの先発は慶大がリーグ戦初先発となる森田晃(①慶應)、東大は昨日の1回戦で1回1/3を無失点で抑えた有坂(④城北)。両投手ともに2回までノーヒット、上々の滑り出しとなった。

ゲームが動いたのは3回、7番中村(③中京大中京)がヒットで出塁すると、これを瀬戸西(②慶應)が送り、ランナーを得点圏に進める。森田晃は内野ゴロに倒れるものの、2死から1番小原(③盛岡三)が技ありのタイムリーヒットで先取点を奪う。東大もその裏、ヒットで出塁した山下朋(③東海)を2つのバントで3塁まで進めた場面。1番笠原(②湘南)が内野ゴロでチェンジ、と思われたものの、その投球が不正投球でボークになり3塁走者山下朋が生還し、東大が同点に追いつく。

その後、再び両投手がテンポよく試合を運ぶものの、ついに慶大の猛打が6回に爆発する。この回先頭打者の2番渡部(①桐光学園)を巧打の3番柳町(③慶應)が左中間にタイムリー2ベースで勝ち越し、ここで有坂はマウンドを降りる。その後今日6番でリーグ戦初出場となる橋本昴(③慶應)の押し出し死球、7番中村のセンター前2点タイムリーヒット、1番小原の左中間へのタイムリー2ベースでさらに2点を加え、打者11人の猛攻で一挙6点を奪いリードを広げる。

東大打線もここで沈黙しない。その裏の攻撃で代わったばかりの津留﨑(③慶應)の制球が安定しない中で、3番辻居(③栄光学園)のレフト前タイムリーヒット、6番青山(③広島学院)のセンターオーバーの2点タイムリー2ベースヒットで3点を返す。

しかしながら、東大の反撃もここまで。慶大は7回に瀬戸西(②慶應)のタイムリーヒット、9回に中村の連日の2ランホームランでさらに加点し、慶大の勝利。連勝で勝ち点1を奪取した。

慶大は上々の滑り出しで再来週の明大戦に臨む。敗れた東大は課題が残るものの、全力で振りぬく打撃は対戦相手にはプレッシャーとなる。次週の立大戦での活躍を期待したい。