平成30年秋季リーグ開幕戦、昨季王者の慶應義塾大学との一戦は、初回にあげた3点の先制点を先発・小林大(3年/横浜翠嵐)が守りきれず、慶應義塾大学に先勝を許した。 初回、先頭の笠原(2年/湘南)がリーグ戦初ヒットで出塁すると、2死から岡(2年/小倉)が先制の3ラン本塁打を左翼席に運び3点の先制に成功する。しかし、先発の小林大は制球が定まらず、初回こそ無失点で切り抜けるも、2回、3回と失点を重ね、3点のリードは一転3点のビハインドに。リリーフした宮本(3年/土浦一)、有坂(4年/城北)も四死球から6回、7回にそれぞれ満塁のピンチを背負ったが、粘りを見せ得点は許さなかった。すると8回、またも2死から岡が左越えの適時二塁打を放ち2点差に迫る。しかし反撃もここまで。開幕戦は幸先よく3点を先制しながら守りきれず、痛い先勝を許した。